反省が円満のカギになるかも? 夫婦が抱えてる「相手への不満」

夫婦円満の秘訣は、やっぱり互い同士の“思いやり”が大切みたい

[拡大写真]

夫婦円満の秘訣は、やっぱり互い同士の“思いやり”が大切みたい
 11月22日は「いい夫婦の日」。先ごろ、明治安田生命が発表した、20〜79歳の既婚男女を対象に実施したアンケート結果によると、8割以上が夫婦関係が【円満である】(82.3%)と回答。とはいえ、パートナーに何かしらの不満を抱えている人は多く、妻に対して不満があると回答した夫は40.2%に。一方、夫に対しては約8割(78.7%)もの妻たちが眉をひそめていた。

 別の設問で、パートナーが家事に積極的な家庭ほど夫婦の円満度が高かったり、会話時間が長い夫婦ほど相手の愛情を実感しているというデータが出ているところを見ると、ちょっとした気遣い次第で、夫婦関係が大きく変化していることがわかる。たとえ仕事などで疲れていたとしても、相手への思いやりは忘れてはいけないことがわかる。

 妻たちが感じている夫への不満では、【気の利かなさ】(21.8%)がトップに。ほか、【イビキがひどい】(18.1%)、【タバコを吸う】(15.0%)、【お酒を飲みすぎる】(14.2%)など、夫の健康面に関することも目立った。不満…とは言いつつも、それは相手のことを思ってこその、愛情の裏返しなのかも?

 対する、夫が抱く妻への不満TOP5は、【整理整頓ができない】(23.6%)、【気が利かない】(13.4%)、【体型が変わってきたところ】(13.2%)、【料理の手抜き】(10.3%)、【夜ふかし/朝寝坊】(9.6%)。男性陣に課せられた問題と同様に、こちらも日々のふとした意識改革で改善できそうなことばかり。

 これらの“NG要素”に身に覚えがある人は、せっかくの「いい夫婦の日」という記念日に、改めて妻や夫へのマナーを見直してみてはいかが?

【調査概要】
調査時期:2014年10月17日(金)〜10月21日(火)
調査対象:20〜79歳の既婚男女、計1589名
調査エリア:全国
調査方法:インターネット調査


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事