元日テレ・河合彩アナ、乳がん乗り越え結婚「明るく温かな家庭を」

結婚と乳がんであったことを明かした元日本テレビの河合彩アナウンサー

[拡大写真]

結婚と乳がんであったことを明かした元日本テレビの河合彩アナウンサー
 元アイスダンス五輪代表で元日本テレビアナウンサー河合彩(39)が23日、自身のブログを更新。乳がんを患い、昨年8月に手術を受けていたことと、がんを乗り越えて同日に結婚したことを報告した。

 河合アナは「私事ですが、予てよりお付き合いさせていただいておりました方と本日3月23日、入籍いたしました」と報告。お相手について「とても明るく優しい方で、私の心の支えです」と紹介した。

 さらに河合アナは、乳がんだったことも公表。昨年6月に異常に気づき、病院へ行きがんと判明。腫瘍は大きく、8月には全摘手術も受け、現在はホルモン療法を受けていると明かした。

 続けて「乳がんという病気に立ち向かえるのも彼の温かなサポートがあるからだと思います」とつづり「これからは、今までに支えてくれた彼へ感謝の気持ちを忘れずに、妻として彼を支え、明るく温かな家庭を築いていきたいと考えております」と決意を新たにしている。

 河合アナは、長野五輪にアイスダンスのペア代表として出場。五輪後引退し、1999年に日本テレビに入社。その後フリーアナウンサーとして活動している。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube