元なでしこジャパン・大竹七未が第1子妊娠を発表

 元サッカー女子日本代表で解説者の大竹七未(40)が12日、現在第1子を妊娠中で、10月出産予定であることを自身のブログで発表。「夫婦共々、心温まる幸せと喜びを感じております」と喜びをつづった。

 「ずっと離れ離れの生活と、自分の年齢もあったので、赤ちゃんが本当に出来るのか不安」があったという大竹だが、夫でJリーグ・松本やタイ・アユタヤFCなどでプレーした弦巻健人氏(27)が昨季引退したことで、「今年に入って初めて一緒の生活をスタートする事が出来、結婚してから4年目での新婚生活となりました」とし、「そんな中で私達の元にやってきてくれた赤ちゃん 今までに感じた事のない喜びが全身に溢れてきました」と喜んだ。

 大竹は「安定期に入ったばかりですが、来月にはサッカー・女子ワールドカップが開幕します。 体調に気をつけながら、なでしこジャパンの力となれるよう、引き続き仕事に努めてまいります」と気を引き締め、最後は「温かく見守っていただければ幸いです」とつづった。

 二人は2012年6月に結婚している。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube