武田久美子、離婚成立を生報告「2年は長かった」 弁護士費用には苦笑

離婚を生報告した武田久美子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

離婚を生報告した武田久美子 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの武田久美子(47)が20日、フジテレビ系『ノンストップ!』(月〜金 前9:50)に米国から衛星中継で出演。2000年に結婚した米国人の夫(51)との離婚が成立したことを生報告し「やっと終わってすっきりしてます」と心境を明かした。

 成立まで「2年は長かった」と胸中を吐露した武田。長くなった理由については「双方に弁護士がいて、その上でジャッジする仲介人みたいな人がいたり、(英語が)わからない部分もあって通訳をつけなくてはならなくて、みんなのスケジュールが合うのが2ヶ月に1回とか」と説明した。

 現在13歳の長女がいる武田だが、親権については「メインの親権は私です」とした上で「こちらの場合は、子どもが両親のもとを行ったり来たりするんですね。なので、月の3分の1は父親の方に行きます」と告白。弁護士費用を聞かれると悩みながらも「一軒家は買えないとしても、クルマはもちろん買えますね」と苦笑していた。

 武田は14年7月に離婚協議中であることを発表していた。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube