『耳をすませば』雫役・本名陽子が第2子男児出産「喜びで胸いっぱい」

本名陽子

[拡大写真]

本名陽子
 ジブリアニメ『耳をすませば』の主人公・月島雫をはじめ、初代「プリキュア」の美墨なぎさ役(キュアブラック)で知られる声優の本名陽子が6日、自身のブログを更新。5月5日早朝に第2子となる2842グラムの男児を出産していたことを報告した。

 「新たな記念日ができました」のエントリーで出産を報告した本名は「家族全員で誕生の瞬間に居合わせることができ、長女と生まれたばかりの長男の表情を眺めながら喜びで胸がいっぱいになりました」と思いを告白。

 自身で選んだ産院では音楽を聴きながら出産できたことを明かし「お任せでお願いしていたところ、なんと偶然にもジブリソング(オルゴール版)が流れてきまして…(笑)トトロから始まり、もちろんカントリー・ロードも。まさかジブリソングをフルで聴きながらの出産となるとは想像だにしていませんでした」と伝えた。

 続けて「妊娠中はファンの皆様をはじめ、お仕事関係など本当にたくさんの方々に支えていただきました。お一人お一人に直接感謝をお伝えしたい思いでいっぱいです。本当にありがとうございました!!」と感謝し「母となって約2年。まだまだ未熟ではありますが、もっともっと人間としての幅を広げられるよう、お仕事も育児も全力で楽しみながら、邁進してまいりたいと思います」と誓っている。

 本名は14年7月に自身のブログを通じて「…好きな人が、できました」と『耳をすませば』の月島雫の言葉を引用し一般男性との結婚を発表。15年6月に第1子女児を出産し、今年1月に第2子妊娠を発表した。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube