紺野あさ美さん、ブログで女児出産報告「ホッとしました」 夫・杉浦投手も立ち会う

第1子女児を出産した紺野あさ美さんと杉浦稔大投手(写真は紺野あさ美さんのオフィシャルブログより)

[拡大写真]

第1子女児を出産した紺野あさ美さんと杉浦稔大投手(写真は紺野あさ美さんのオフィシャルブログより)
 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手(25)の妻で元テレビ東京の紺野あさ美さん(30)が15日、自身のブログを更新。第1子女児を出産したことを報告した。

 「新しい家族が増えました我が家の第1子となる元気な元気な女の子が産まれました」と報告した紺野さんは「いろいろと助言して下さった助産師さんに『赤ちゃん元気ですよ頑張りましたね、安産ですね』と声をかけて頂いて、ホッとしました」と心境を吐露。

 「本当に初産としてはすごく早かったと思うのですが自分の中では、人生で一番痛くて人生で一番長く感じた時間でした」と振り返り「みんなこの痛みの中産んでいるんだと思うと…改めて23時間かけて私を産んでくれた自分の母に感謝したいなと思いましたし改めて、世の中のお母さんはみんな凄いなと…感じました」と思いを記した。

 「本当に、産声をあげて元気に産まれてきてくれてよかった。もう、ただただそれだけです」と喜びをつづった紺野さん。「主人も立ち会えて手を握ってくれたり頭を撫でてくれたりずっと心強くサポートしてくれました」と杉浦投手が見守る写真を掲載し、「家族の絆もまた強くなったと思うのでこれからは家族3人で頑張って行きたいです」とメッセージしている。

 同日、球団を通じて杉浦投手も「新しい家族が増えてより一層、プロ野球選手として、父としての自覚が芽生えました。しっかりと家族を支えていけるように、さらに精進をしていきたいと思います」と決意を新たにした。

 2人は今年1月に結婚。7月に紺野元アナが自身のインスタグラムで妊娠を報告し「とてもとても愛しい存在です」と思いをつづっていた。

 紺野さんは、2001年に「モーニング娘。」5期メンバーとしてとして14歳でデビュー。『NHK紅白歌合戦』に連続出場するなど、グループの黄金期の一翼を担った。人気絶頂の06年にモー娘。を卒業するが、その理由が大学進学を目指し、高等学校卒業程度認定試験を受験するためだったことも、当時、大きな話題を呼んだ。AO入試で慶應義塾大学に入学し、環境情報学部で学びながら芸能活動に復帰。すると、今度はアナウンサー試験を受けて合格し、11年4月よりテレビ東京のアナウンサーとして活躍。今年5月31日に退社した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube