黒木メイサ、長男出産後初公の場 夫・赤西仁の“イクメン”ぶりに感謝

長男出産後、初めて公の場に登場した黒木メイサ=写真集『INCARNATION』の発売記念イベント (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

長男出産後、初めて公の場に登場した黒木メイサ=写真集『INCARNATION』の発売記念イベント (C)ORICON NewS inc.
 女優の黒木メイサ(29)が1日、東京・銀座 蔦屋書店で写真集『INCARNATION』(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを行った。今年6月に第2子となる長男を出産して以来、初めての公の場ながら以前と変わらぬスタイルを披露した。

 黒のワンピース姿で登場し、多くのフラッシュを浴びた黒木。報道陣から体型について聞かれると「体重が14キロ増えて、今は出産前より少し落ちたくらい」と告白。私生活の話題には「まだ母親になって5年目。学ぶことが多いですし、必死です」と苦労をにじませつつ、充実感たっぷりの表情を浮かべた。

 夫で歌手の赤西仁(33)の“イクメン”ぶりに話が及ぶと「(赤西の協力が)大きいです。それがないと大変なことになっちゃう」と日頃の感謝を口にし「基本的には(家事)全般やってくれる。誰が何をするというのではなく、やれる人が全てやるという感じですね」と明かしていた。

 8年ぶりとなる写真集では、女優として、母として、そして一人の女性として輝き続ける黒木が、20代の最後にこれまでで最も大胆かつ繊細、そしてセクシーな写真集に挑んだ。撮影はタイランドで行われ、撮影は8年前の前作と同じく世界的フォトグラファーのレスリー・キー氏が担当。エキゾチックな黒木の魅力をフィーチャーしている。

 完成版を手に取り「撮影の2ヶ月前から集中的にトレーニングしました。その成果が出せたかな」と手応え十分。お気に入りのカットを紹介しながら「腹筋がいい感じに出てる」と笑顔でアピールし、今後の芸能活動について「私生活も充実させてもらいながら、仕事も好きなのでバランス良くさせていただけたら幸せです」と話した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube