ベッキー「静かな恋がしたい」と恋愛祈願

「静かな恋がしたい」と願いを込めたベッキー=恋愛観察バラエティー『あいのり:Asian Journey』の記念イベント (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

「静かな恋がしたい」と願いを込めたベッキー=恋愛観察バラエティー『あいのり:Asian Journey』の記念イベント (C)ORICON NewS inc.
 タレントのベッキーとお笑いコンビ・オードリー(若林正恭、春日俊彰)が1日、東京・SHIBUYA109で恋愛観察バラエティー『あいのり:Asian Journey』(Netfilxで配信中)の記念イベントに登壇した。会場には、『あいのり』の象徴ともいえる“ラブワゴン”が“鎮座”。ベッキーは「静かな恋がしたい」と願いを込めた「ラブワゴン絵馬」を“奉納”し、「誰にも注目されない恋をしたい」と話していた。

 オードリーの2人も独身だが、若林は「お互いが成長し合えるような恋ができますように」と、ベッキーの恋を応援するつもりで絵馬を書いたといい、春日は「燃えるような恋がしたーい」と何のオチもない願いで失笑をかっていた。

 『あいのり』は、1999年10月から2009年3月まで約9年半にわたってフジテレビ系で放送されていた人気番組。午後11時台の放送ながら、平均視聴率15.3%、最高視聴率は20.4%(2002年2月28日)を記録し、社会現象にもなった。地上波での放送終了後にはCS放送「フジテレビTWOドラマ ・アニメ」にてセカンドシリーズ(10年12月〜12年4月)、サードシリーズ(12年6月〜13年8月)を放送。その新シリーズ『あいのり:Asian Journey』は、10月26日よりNetfilxにて世界配信されている。

 地上波放送を夢中になって観ていた“世代”をアピールするベッキーは「新シリーズのMCをやらせていただけるなんて夢のようでした。大きなギフトをもらったようです」と、登壇時からテンション高め。地上波放送時に全く触れてこなかったオードリーとの温度差は歴然で、春日が「これからどんな物語が展開するのかワクワクしました。春日のギャグと同じくらい面白い」と、おざなりに新シリーズをPRしたところで、ベッキーが「ちょっとふざけてますよね、もう少し真面目にやってもらいたかった。情熱を感じない」と、憤慨するひと幕もあった。

 イベントでは、歌手の井上苑子が主題歌「せかいでいちばん」を熱唱し、街を行き交う通行人からも大きな注目を集めていた。ちなみに、井上は「ラブワゴン絵馬」に「水まわりをきれいにしてくれる人と恋愛がしたい」と書き込んでいた。同所では、ラブワゴンの展示や絵馬を掛ける催しを5日までの期間限定で行う。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube