国生さゆり、“美胸大賞”に恐縮「胸褒められた事ない」

イオン×ワコールの新下着ブランド『fufu』発表会に出席し、“美胸(びむね)大賞”を受賞した国生さゆり (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

イオン×ワコールの新下着ブランド『fufu』発表会に出席し、“美胸(びむね)大賞”を受賞した国生さゆり (C)ORICON DD inc.
 女優でタレントの石野真子、国生さゆり、辺見えみりが25日、都内でイオン×ワコールの新下着ブランド『fufu』発表会に出席し、美しいバストの持ち主として“美胸(びむね)大賞”の表\彰を受けた。国生は「今まで胸を褒められた事はないんですけど…でも嬉しいです」と恐縮しつつあいさつ。辺見は「(賞をもらって)なんだか引き締まります」と語り、石野は「まさかこんな賞をいただけるなんて夢のようです」と喜びつつもテレ笑いを浮かべた。

 美しい胸のラインをキープしている30代・40代・50代の代表として登場した3人だが、ステージに30〜50代の平均的なバストの形・柔らかさを再現したワコール特製のマネキンが持ち込まれるとテレ笑い。司会者に「触れてみてください」と促されると石野と国生は一番年下の辺見に視線を向け、辺見は「えー私ですか」と苦笑いしながらもマネキンの感触をレポートした。

 また、司会者からバストケアについて聞かれ「顔も胸も同じ肌なので、顔に使った美容液の残りをバストにも塗ったりしています」(辺見)、「バストに効く運動をすることはあります」(石野)とケア方法を紹介。来年2月に挙式を控える国生は「(胸の)形が変わるのは仕方のないことなので下着(の機能)に頼ること、あとは愛されることですね」とノロけ、笑いを誘った。

 イオンとワコールが共同で立ち上げた同ブランドは、ワコールが長年研究している30〜50代の“加齢による体型変化”を考慮して誕生。世代に合わせて3タイプ作られており、それぞれの世代の悩みを解消するバスト補正機能のほか、着心地のよさやデザイン性、手ごろな価格帯が特徴となっている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube