レースクイーン・オブ・ザ・イヤーにOL出身の丸山えり

『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 10-11』のグランプリを受賞者した丸山えり (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 10-11』のグランプリを受賞者した丸山えり (C)ORICON DD inc.
 過去に吉岡美穂、森下千里、菜々緒らを輩出しているレースクイーンの最高峰『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 10-11』の受賞者が27日、都内で発表され、元OLでモデル兼レースクイーンの丸山えりがグランプリに輝いた。丸山は「将来の夢はビューティーモデル。『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー』はその夢の第一歩。素敵な女性になりたい」と喜んだ。

 『全日本GT選手権(SUPER GT)』『全日本選手権フォーミュラ・ニッポン』『スーパー耐久』のシリーズより選ばれた、レースクイーンの最高峰と称される同賞。今年は“美しさ”の観点を重要視して審査が行われ、身長168cmのスレンダーボディ・丸山が見事グランプリに。SUPER GTの名門チーム「Epson Nakajima Racing」に2年連続採用され、ガールズパワーの源である自分らしさが高く評価された。

 高校卒業後、2年間のOL経験を経てモデルおよびレースクイーンに転進した丸山は「嬉しい気持ちはもちろん、責任の重さを感じてる」とトロフィーを手にニッコリ。チャームポイントは「ぽっちゃりとした唇と首下にあるほくろ」といい「この唇をいかして化粧品とかのCMに出たい」と夢を描いていた。会場には前回受賞者のモデル・菜々緒がプレゼンターとして登場した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube