武井咲の姉妹キャラを一般公募 「実の妹が嫉妬するかも」

イオンとオスカーによるガールズオーディション開催発表会見に出席した武井咲 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

イオンとオスカーによるガールズオーディション開催発表会見に出席した武井咲 (C)ORICON DD inc.
 米倉涼子、上戸彩らを擁する芸能事務所・オスカープロモーションとイオンは2日、女優・武井咲の姉妹キャラクターを一般公募から決めるガールズオーディションの開催を発表した。当日会見に出席した武井は「初めて聞いた時、ビックリしたけど、家族が増えるようでワクワク」とニッコリ。実際に8歳下の妹がおり「ホントの妹(が募集すること)はないけど、妹キャラができたら嫉妬するかも」と語った。

 『ガールズオーディション2011 〜武井咲のお姉さん&妹キャラクター大募集〜』と題した同イベントは、「全国の若い女性の夢を実現する場を提供し、地域を元気にするイベントを開催することで、地域に貢献し、地域を、そして日本を元気にしたい」という両社の想いが一致し実現。応募資格は13歳から22歳までの女性で、あす3日(水)から9月19日(祝・月)まで参加者を募集し、10月から各エリアのイオンのショッピングセンターで公開オーディションを実施後、11月にグランプリ1名を決定する。現在、イオンのCMキャラクターを務める武井は「人の目を見て話すことが大事。お仕事してて思ったことは、目を見て話せば、例えうまく話せなくても言いたいことは伝わる」とアドバイス。

 また、「姉キャラができたら?」と聞かれ、「私にお姉さんができたら、味わったことのない気分がありそう。買い物行ったり、この服かわいいとか話すのが憧れ」と期待に胸を躍らせ「長澤まさみさんのようなお姉さんがいいかな」と理想像も口にした。また姉、妹問わず「ガールズトークを聞いてみたい」と瞳を輝かせていた。

 武井は、第11回全日本国民的美少女コンテストでモデル部門・マルチメディア賞を受賞し芸能界入り。2009年に『乙男』(フジテレビ系)でドラマデビューし、今年4月放送のドラマ『アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜』で連続ドラマ初主演。2012年大河ドラマ『平清盛』への出演も決まっており、人気を集めている。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube