妊娠約6ヶ月の木村佳乃、ワンピースでお腹隠すもにっこりママの顔

ゆったりとしたワンピースに身を包み“ママの顔”の木村佳乃 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

ゆったりとしたワンピースに身を包み“ママの顔”の木村佳乃 (C)ORICON DD inc.
 夫で少年隊の東山紀之との第一子を妊娠中の女優・木村佳乃が4日、都内で行われた出産前最後の作品となる主演SPドラマ『魔術はささやく』(フジテレビ系)の記者発表会に出席した。現在妊娠6ヶ月ほどの木村は体型を隠すふんわりとしたワンピース姿で登場したが、ヒールを履いた脚線美は健在。発表会後に報道陣から「お腹のお子さんは順調ですか?」と質問が飛ぶと、にっこりと微笑み「はい、ありがとうございます」とママの顔をのぞかせた。

 原作は1989年に出版された人気作家・宮部みゆきの初期の同名ミステリー作で、『日本推理サスペンス大賞』を受賞。物語は15年前に高木和子(木村)とともにある大罪を犯した仲間たちが続々と自殺するところから始まる。和子は、父親が失踪して以来離れ離れに暮らしてきた自身の存在を知らない弟・守(中村蒼)と自身の身を何者かの復讐から守るために奮闘する。

 木村は初共演で自身の弟役を演じる中村を「すごく甘いキュートなお顔立ちと相反する男らしい内面を持ってて、頼りがいがあってたくましく思っていました」とベタ惚れ。今年2月の雪の降る寒いなか行われた撮影では「夜になると『ちゃんとご飯食べた?』って聞いたり、姉心でおせっかいしてました。相手役が蒼くんでよかった」と良い姉弟関係を築いたようだ。

 大御所キャストらに囲まれての撮影となった中村も「不安だったけど本当によくしてくださった。木村さんは合間に鼻歌を歌ったり、かわいいところもあって、一緒にいて安心できる方。お芝居でも刺激を受けていい現場でした」と充実感をのぞかせた。また木村は息をつかせぬサスペンスが展開される一方で「繊細な家族愛、人間愛など、ハラハラさせられるだけでなく心も温まるところを楽しんでいただければ」と物語をアピールしていた。

 共演はほかに小池栄子、谷村美月、眞島秀和、草村礼子、里田まい、六角精児、大杉漣、松重豊、加藤治子、原田美枝子、奥田瑛二ら実力派キャストが物語を彩っている。同作は9月放送。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事