神田うの、お腹の子は「女の子」! 妊娠8ヶ月で異例の体重14kg増

ウエディングブランド『ウノ・エレトワール』の新作発表会に出席した妊娠8ヶ月の神田うの (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

ウエディングブランド『ウノ・エレトワール』の新作発表会に出席した妊娠8ヶ月の神田うの (C)ORICON DD inc.
 タレントの神田うのが自身プロデュースのウエディングブランド『ウノ・エレトワール』の第2弾コレクションを発表し24日、都内で会見を行った。現在妊娠8ヶ月のうのは、子どもの性別が待望の女の子だったことを明かし、「皆さん増えても10kgで収めるらしいんだけど、すでに14kg増」と苦笑。「(私は)すごく手のかかる子で、うちの母がすごく大変そうだったから、私みたいな子は嫌。しっかりしたまじめな子がいい。名前はいろいろ考えていて、生まれるまでは“小うのちゃん”って呼んでる」と周囲を笑わせた。

 同ブランドは、これまでうのがプロデュースしてきた“大人の女性”を意識したブランド『シェーナ・ドゥーノ』とは異なり、キュートでガーリーでフレッシュなデザインが特徴。第2弾となる今回は新婚の木下優樹菜をイメージキャラクターに起用し、全11型22着をお披露目した。

 6月に発表した『シェーナ・ドゥーノ』ではマタニティ向けドレスも発表\しており、妊娠5ヶ月でパンフレット撮影に臨んだうのは「いつものサイズは5号なんだけど、そのときは9号を着ました。こないだもドレスを着たら11号で、3サイズもアップしちゃった」と明かし、「つわりもなくて食欲がとまらないんです。妊娠線が腰にできて、こんなの聞いたことない〜」と笑顔で語った。

 木下は、うののお腹がパンフレット撮影時からさらに大きくなっていることに感動した様子で、「羨ましいです」と本音をポロリ。さらに「今は(お腹に)入ってないけど、本当にほしい。24、25歳くらいにはママになりたい」と“妊婦”うのの影響を受けているようだった。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube