国内初のキングチーターの赤ちゃん、名前は「ナデシコ」に決定 多摩動物園

チーターの赤ちゃん4頭の名前が決定! キングチーター(左)は「なでしこジャパン」と同じ“ナデシコ”に

[拡大写真]

チーターの赤ちゃん4頭の名前が決定! キングチーター(左)は「なでしこジャパン」と同じ“ナデシコ”に
 多摩動物園(東京・日野市)は25日、来園者から投票を募っていたチーターの赤ちゃん4頭(メス3頭・オス1頭)の名前が決まったと発表した。投票の結果、2011年FIFA女子W杯で初優勝を飾ったなでしこジャパンをほうふつさせる「ナデシコ」が得票数1位を獲得。この名前は国内で初めて誕生し、世界でも珍しい黒い縞模様の“キングチーター”の赤ちゃん(メス)に授けられた。

 チーターの赤ちゃんたちは今年6月11日に誕生。うち1頭は通常のチーターが斑点模様なのに対し、メスの1頭は背中に黒い縞模様を持った“キングチーター”で、国内初の誕生となった。

 同園では4頭の成長を見守りつつ名前募集企画を実施。7月29日〜8月5日の間、花や植物の名前12種類を抽出し来園者に投票を募ったところ、総数4618票のうち781票が「ナデシコ」に集まった。

 ほかの3頭の名前は「キリ」(オス)、「アイリス」(メス)、「ステラ」(メス)に決定。9月3日午前9時半よりキングチーター「ナデシコちゃん」の足形と4頭の写真がプリントされた特製ポストカードを先着1000名に配布するほか、同日午前11時より赤ちゃんたちの“命名式”を実施する。


関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube