吉瀬美智子、観月ら共演者の「お茶目」発言にタジタジ

“華和家の四姉妹”が集結(左から川島海荷、吉瀬美智子、観月ありさ、貫地谷しほり) (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

“華和家の四姉妹”が集結(左から川島海荷、吉瀬美智子、観月ありさ、貫地谷しほり) (C)ORICON DD inc.
 女優・観月ありさの主演ドラマ『華和家の四姉妹』(毎週日曜 後9:00 TBS系)のトークショーが東京・赤坂サカスで行われ26日、観月ら“四姉妹”が揃って登壇。長女を演じる吉瀬美智子は、次女役の観月をはじめ、三女・貫地谷しほり、四女・川島海荷から一斉に「見た目と(中身が)正反対。色気のあるしっかりした大人の女性だと思ったのに、相当お茶目だった」とギャップを指摘されタジタジ。体の硬さなどを指摘された吉瀬は、普段から「やたらとババア扱いされる…」と長女の威厳なく、肩を落とした。

 同イベントは『夏サカス2011』のスペシャルステージとして行われ、4人が“結婚や恋愛”をテーマにドラマ撮影時の様子や恋愛観を明かすトークを展開。○×形式で答える恋愛トークでは全員が「一目惚れから始まる恋愛はあり!」と意見がそろい、貫地谷は最近の一目惚れエピソードとして共演の山口智充が「この間上半身裸でメイク室に入ってきて、ちょっとドキッとしました。マッチョ好きなんです」と乙女心をのぞかせた。

 今後ドラマでキスシーンを披露する観月は、「急にラブストーリーになったかのような雰囲気。楽しみにしていてください」とアピール。4人はそこからキスシーンの話題で盛り上がり、観月は「キスシーンって長いんだよねぇ。最初はドキドキして臨むんだけど、何回かに分けて撮るから流れ作業になっていってムードがない」と意外な裏話を明かし、吉瀬も「終わったら何事もなかったかのように。女優ってさっぱりしてるんです」とガールズトークで笑わせていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube