平子理沙、アメリカ留学中の“セレブ生活”明かす

海外ドラマ『ゴシップガール<サード・シーズン>』DVD発売記念トークショーに出席した平子理沙 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

海外ドラマ『ゴシップガール<サード・シーズン>』DVD発売記念トークショーに出席した平子理沙 (C)ORICON DD inc.
 モデルの平子理沙が7日、都内で行われた海外ドラマ『ゴシップガール<サード・シーズン>』DVD発売記念トークショーに出席。本作の内容にちなみ、セクシーなミニのワンピースで登場した平子は、米・ロサンゼルスに留学していたハイスクール時代について「毎年行われていた『ベストドレッサー賞』を3年連続で受賞した」と明かし、「パーティーに行くときにはドレスアップして、みんなでリムジンを借りて乗っていました」と“セレブ”な思い出を振り返った。

 同作は、ニューヨークの超高級地区、アッパー・イースト・サイドに暮らすセレブたちのゴージャスでスキャンダラスな青春を描いた人気海外ドラマ。自身の体験とドラマ内容を照らし合わせた平子は「ドラマほど大人っぽい人たちはいませんでしたが、高校にフェラーリで通っている人とかはいましたね」と回顧。現在も時折開かれるパーティーに招待されるといい、「知らない人ばかりだと身構えてしまうので、仲の良い友だちと行くのが楽しいです」と、パーティーを楽しむ秘訣を語った。

 この日は平子のほか、同シリーズのファンでもあるモデル・道端アンジェリカやメイクアップアーティストの小椋ケンイチも豪華な衣装で登場。劇中に出演する“好きな男性キャラ”についてトークを展開した3人だったが、平子は最後に「でも、やっぱり主人(吉田栄作)ですかね」とノロけ、笑いを誘った。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube