「もう蹴り始めています」 小雪、妊娠発表後初の公の場でママの顔

小雪 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

小雪 (C)ORICON DD inc.
 今月3日に第1子の妊娠を発表した女優・小雪(34)が10日、都内で行われた映画『探偵はBARにいる』初日舞台あいさつに出席した。黒を基調にした衣装で、妊娠発表後初となる公の場に姿をみせた小雪のお腹は、妊娠5ヶ月目ですでにふっくら。主演の大泉洋から「この作品は僕らが育てた赤ちゃんのような映画ですが、ここにも赤ちゃんが…」とお腹を凝視されると「はい。もう蹴り始めています」とすっかり“ママ”の顔をのぞかせた。劇中で夫婦役を演じた西田敏行からも「小雪さんのお腹の子が、自分の子のように思えてきた」と妊娠の話題をふられ、終始笑顔であいさつを終えた。

 同映画は、小説家・東直己がデビュー時から発表し続けている人気シリーズの2作目『バーにかかってきた電話』を実写映画化したもの。札幌・ススキノを舞台に“何でも屋”として働く大泉演じる探偵と松田龍平演じる頼れる相棒が、数々の陰謀に巻き込まれながら事件の核心に迫っていく。

 会場を埋め尽くした観客を前に大泉は「感無量でございます!もしこの作品がシリーズ化されたら、ぜひ続けていきたい。そのためにまた体を鍛え上げて、次は全編“裸”でお送りしたいです」と大興奮。小雪の“夫”役である西田は「いつも妻(役)といえば泉ピン子さんとかが多くて、夫婦役ってそういうものだと思っていた。まさか小雪さんだとは…」と感慨深げに語った。

 小雪は時折、自身の手でお腹を支える動作をみせながらも、周りからの祝福に笑顔。「この作品を通して札幌が好きになって、また訪れてみたいと思いました」と語った。この日の舞台あいさつにはほかに松田と橋本一監督も出席した。

 俳優・松山ケンイチ(26)と2009年4月に交際をスタートさせた小雪は今年4月に婚姻届を提出。妊娠発表の際には、所属事務所を通じて「夫に支えてもらいながら、十\分に気をつけてその日までを過ごしていきたいと思います。どうぞ温かく見守っていただけますよう、宜しくお願い致します」とコメントを寄せていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube