土屋アンナ、満月の夜は「ドキッとする・・・」

『illy issimo × BEAMS 十五夜のスペシャルナイトパーティー Supported by GINZA』イベント写真

[拡大写真]

『illy issimo × BEAMS 十五夜のスペシャルナイトパーティー Supported by GINZA』イベント写真
 モデルで歌手の土屋アンナ、フリーアナウンサーの内田恭子、ファッションジャーナリストの生駒芳子が12日、都内で行われたイベント『illy issimo × BEAMS 十五夜のスペシャルナイトパーティー Supported by GINZA』に登場した。中秋の名月にちなみ満月のイメージを聞かれた内田は「何か起こりそうな感じ」、生駒は「神秘的」とそれぞれコメント。同じ質問に「ドキッとする」と答えた土屋は、「昔のように季節の事柄を祝うっていうのは必要だよね」と語っていた。

 イベントでは、女性向けに作られた缶コーヒー『illy issimo』のある生活を「on the go」と表現。忙しい中でもスタイリッシュでいる女性、上質なものを楽しむ女性の生き方を「on the go スタイル」と定義づけた。生駒は、このようなスタイルを実現させている人としてイタリア・ミラノの女性を挙げ「レギンスやスウェットなど、スポーティーなスタイルをエレガントなものと合わせて着るなど、ファッション性だけでなく動きやすさを兼ね備えているのがon the go スタイルだと思う」と持論を展開した。

 また、同商品の印象について聞かれた3人は「缶コーヒー独特の臭みがなくて、エスプレッソなど濃い味のコーヒーが苦手な人でも飲めると思う」(土屋)、「缶のトップが赤いので、口紅やグロスが付いても目立たないのが嬉しいです」(内田)、「これまでの缶コーヒーは、男性向けのデザインが多くてあまり好きではなかったのですが、これは女心をくすぐるデザインだと思います」(生駒)と実際に味わった感想を交えながら、その魅力をアピールした。

 イベント終了後のインタビューで「on the go スタイル」を実現させるためのポイントを聞かれた土屋は、「遊んだら?」と回答。そして「ファッションでも、生活でも、自分が誰かに気をつかうんじゃなくて、自分が楽しみたいと思うことをやる。周囲に溶け込めなくて苦しんでいる人も多いから、“他人と違って当たり前”という世の中にして、自分の個性をもっと出していこうよ」と呼びかけた。また、女性向けのデザインが特長の同商品についても触れ、「ファッションや遊びとして楽しんでくれたらいいんじゃないかな」と提案していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事