若槻千夏、渋谷に初の路面店 夢は「海外進出!」

自身がデザイン、プロデュースを手がけるカジュアルブランド『w▼c』の初の路面店オープンを記念して報道陣の取材に応じた若槻千夏 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

自身がデザイン、プロデュースを手がけるカジュアルブランド『w▼c』の初の路面店オープンを記念して報道陣の取材に応じた若槻千夏 (C)ORICON DD inc.
 モデルでタレントの若槻千夏(27)がデザイン、プロデュースを手がけるカジュアルブランド『W▼C』(▼はハートマーク)の初の路面店が東京・渋谷センター街(バスケットボールストリート)にオープンすることになり29日、報道陣のインタビューに応じた。ブランドの世界観をアピールするためピンクの着ぐるみ姿で登場した若槻は「こういうインタビューは1年ぶりです。地デジ対応になってからは初めてで、若干不安があります」とやや緊張気味。今後の夢として「海外進出! 頑張りたい」と意気込みを語った。

 同ブランドは2009年スタート。明後日10月1日に満を持してフラッグシップストアをオープンする。同店は2フロアで展開し、カラフルな内装の1階にはアパレルライン、2階にはバラエティに富んだ雑貨を配置。若槻はもっともこだわった場所として2階のトイレを挙げ、「w▼cは本来若槻千夏のイニシャルなんですが、よくトイレ? って聞かれるので、トイレをつけました」と自信をのぞかせた。

 最近テレビ出演が少ない理由を聞かれ「全国にショップを作ったりと時間がなくて。お店のハンガーの色とかアルバイトの面接もやってる」といい、「時代の流れもあって、今のバラエティにはかわいいローラの方がいいのかなと思います」と笑わせた。

 若槻自ら店頭に立つことも多く、「お店にいすぎて珍しがられない。小中学生がメインに着てくれるんですが、彼女らは私がテレビに出ていた時代を知らないから『デザインしている人がまたいる』って言われます」と苦笑。今後のタレント業は「ユッキーナやゆうこりんとかのバーター枠で、ビビる大木さんみたいになりたい」とゆるく意気込んでいた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事