“ハーフ”ベッキー、海外進出目指すも英語力は「ウエンツ以上SHELLY未満」

女性ファッション誌『with』の創刊30 周年イベント『with Happy Night』の記者発表会に出席したベッキー (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

女性ファッション誌『with』の創刊30 周年イベント『with Happy Night』の記者発表会に出席したベッキー (C)ORICON DD inc.
 タレントのベッキーが6日、東京・SHIBUYA−AXで行われた女性誌『with』の創刊30周年記念イベント『with Happy Night』の記者発表会に出席した。歌手活動にも力を入れるベッキーは、東日本大震災以降、海外進出に興味をもったといい、「日本の良さをアピールして、(海外の人が)『日本に行きたい』って思うようになってほしい」と熱弁。それでも、肝心の英語力を問われると「少しは喋れます。ウエンツ(瑛士)以上、SHELLYさん未満」と即答して笑わせた。

 20代のOL層などから長く支持を集める同誌は、今年8月で創刊30周年。発表会後のイベントでは『with』モデル総出演のファッションショーやライブを開催。発表会ではベッキーがデザインした第3のエコカー・ダイハツ『ミラ イース』のコラボレーション車『with Special号』がお披露目され、自身も「車の運転は好き。マニュアル車に乗ってるくらいですから。ギアを上げていくのが大好き!」と興奮気味に語った。

 同誌の30周年記念イメージキャラクターも務めるベッキーは、モデルらとお揃いのクラシカルなワンピースで登場し、スペシャルゲストとしてのイベント出演に「かなり気合い入ってます。いつもよりつけまつ毛多めです!」と熱い意気込み。また、自身の願望も語り、30歳になったら「週に1回はお休みをもらおうと思ってる。家がごちゃごちゃになってきちゃって、週に1度はお掃除の日が必要かな」と明かしていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事