AKB48、『メガネ ベストドレッサー』特別賞受賞 「秋元先生に負けない」

『第24回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の表彰式に出席したAKB48(左から横山由依、北原里英、秋元才加、板野友美、渡辺麻友、藤江れいな、宮澤佐江)※河西智美は欠席 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

『第24回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の表彰式に出席したAKB48(左から横山由依、北原里英、秋元才加、板野友美、渡辺麻友、藤江れいな、宮澤佐江)※河西智美は欠席 (C)ORICON DD inc.
 メガネが最も似合う各界の著名人に贈られる『第24回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の表彰式が東京ビッグサイトで行われ11日、人気アイドルグループ・AKB48が特別賞の「今後メガネをかけて欲しい人」に選ばれた。この日のために特別選抜された“メガネ選抜メンバー”として、秋元才加、板野友美、宮澤佐江ら7人が登壇。宮澤は「秋元康先生も以前この賞をいただいているということで、これからは秋元先生に負けないくらい“メガネといったらAKB48”と言ってもらえるアイドルグループを作っていきたい」と受賞を喜んだ。

 「文化界部門」で同賞を受賞したフリーアナウンサーの高島彩は「これまではすっぴん隠しのためにかけていましたが、これからは着飾るためのメガネライフを楽しみたい」と笑顔。また「スポーツ部門」で受賞したサッカーJ2・横浜FCの三浦知良選手は「メガネは子どもの頃から好きで、好きなもので賞をもらえて光栄。とても嬉しい」と爽やかな笑顔をのぞかせた。

 「芸能界部門」で受賞した俳優の水谷豊は「僕のメガネのイメージはおそらく『相棒』でメガネかけ始めて、それからだと思う。でも僕は40年以上メガネをかけています」と明かし、「自分では“メガネ顔”だと思っていて、この賞も知っていたけど、今まで声がかからなかった。2011年にやっとです。ありがとうございました」と大喜びした。「サングラス部門」で受賞したモデルの土屋アンナは、副賞で贈られた多数のサングラスに「ありがとうございます、いっぱいくれて。大事に使います!」と嬉しそうに語っていた。

 その他「政界部門」に鹿野道彦農林水産大臣、「経済界部門」でテトラスター代表取締役の藤巻幸夫氏が受賞。また、当日出席したAKB48の“メガネ選抜メンバー”はほかに北原里英、藤江れいな、横山由依、渡辺麻友ら。同じくメンバー入りしていた河西智美は体調不良のため欠席した。

◆過去の受賞者 2009年2008年2007年


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube