篠田麻里子がロンゲの巻き髪お嬢様に変身 映画『桜蘭高校ホスト部』出演

映画『桜蘭高校ホスト部』で、ハーフの超セレブお嬢様を演じるAKB48の篠田麻里子

[拡大写真]

映画『桜蘭高校ホスト部』で、ハーフの超セレブお嬢様を演じるAKB48の篠田麻里子
 AKB48の篠田麻里子が、映画『桜蘭高校ホスト部』(2012年3月17日公開)に出演することになり、茶髪ロングの巻き髪で、白地のワンピースに赤のスカーフという桜蘭高校の制服を着た劇中衣装が公開された。トレードマークともいえるショートヘアから、イメージを一変。「ホスト部」恒例のコスプレにも参加し、アラブのお姫様風やモダン和装にも挑戦する。

 同作は、日本有数のセレブの子息令嬢が通う名門校を舞台に、学内屈指の美男子がお嬢様方をもてなす“ホスト部”の華麗なる日常と珍騒動を描いた葉鳥ビスコの漫画が原作。今夏TBS系で川口春奈、山本裕典らの出演により実写ドラマ化され、同一キャストによる劇場版の製作が決定。原作者も共同脚本として参加し、現在、撮影中にある。

 篠田が演じるのは、アジア屈指の大企業の令嬢でハーフのミシェル。シンガポールからの短期留学生として桜蘭高校に入り、ホスト部員たちの日常に波乱を巻き起こす。主人公のハルヒ(川口)、ホスト部部長の環(山本)と三角関係になる役どころで、篠田は「恋の部分、そして、映画の後半部分のミシェルの心の変化を観て欲しいです」と語っている。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube