ダイアモンド☆ユカイが会見 双子男児は頼音(らいおん)&匠音(ショーン)と命名

双子の男児の命名を発表したダイアモンド☆ユカイ(左が長男の命名「頼音(らいおん)」、右が次男の命名「匠音(ショーン)」) (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

双子の男児の命名を発表したダイアモンド☆ユカイ(左が長男の命名「頼音(らいおん)」、右が次男の命名「匠音(ショーン)」) (C)ORICON DD inc.
 ロック歌手ダイアモンド☆ユカイ(49)に双子の男児が1日に誕生し、2日、都内で会見に応じた。「無事にツインズの元気なボーイズが誕生しました」と3児のパパとなったユカイは、長男を「頼音(らいおん)」、次男を「匠音(ショーン)」と命名したと報告。「男なのでビシっといきます。肉食系にしたいので、ミルクに肉を入れたりしてね」とジョーク交じりに語り、喜びを爆発させた。

 ユカイは「兄の方は見るからにジャイアンのような力強いやつなので、オレの大好きな源頼朝から取ったのと、ミュージシャンなので音を入れた。弟の方は割と控えめで知的な感じがしたのと、ジョン・レノンを意識しましたね」とニンマリ。まだ申請はしておらず、匠音くんの振り仮名が“ショーン”表記になるかは確定していないが「俺はこのままいきたいね」と目を輝かせた。

 初めて出産に立ち会ったユカイは「手術室に行ったら俺の曲がかかっててビックリした。妻が大好きな曲だったので、多分リクエストしたんでしょう」と振り返り「麻酔でもうろうとしている妻を見て、まだ(手術が)始まっていないのに、不覚にも涙がこぼれてしまいました」。出産直後も「人間てこんなに涙が出るんだというくらい、目が真っ赤に腫れるくらい泣いた」といい「女性のすごさと強さを感じて、妻に『ありがとう』と連呼した。尊敬以外の何モノでもないです」と妻に感謝した。

 また、不妊治療によって“無精子症”を乗り越えたことについても「ロックンローラーで無精子症な俺がこんなことになるなんて誰も想像出来なかった。これも全部、妻のお陰ですね」とコメント。3児のパパになったことに「子分ができたような気分です」と不敵な笑みを浮かべながら「『巨人の星』の星一徹のように、這い上がってくるのを待つくらいの勢いで育てます」と語った。

 ユカイは2009年2月に年下の一般女性と結婚。昨年2月には長女が誕生し、47歳で初めて1児のパパになっていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube