“結婚14年目”高橋ジョージ&三船夫妻、「パートナー・オブ・ザ・イヤー受賞」で涙

『「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2011』に選ばれ目を潤ませた高橋ジョージ&三船美佳夫妻 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

『「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2011』に選ばれ目を潤ませた高橋ジョージ&三船美佳夫妻 (C)ORICON DD inc.
 タレントの高橋ジョージ(53)&三船美佳(29)夫妻が、『「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2011』に決定し8日、都内で行われた記者発表会に出席した。高橋は「いただけると思ってなかったので光栄」と目に涙を溜めて感謝。三船も「結婚14年目でいまだに褒めてくれるのは主人だけ。これからも褒めあって、新婚の気持ちを忘れずに。最愛の主人でいてほしいです」と涙ながらに喜んだ。

 同イベントは、11月22日の「いい夫婦の日」に先立って開催。一般人の挙式にも立ち会った高橋&三船夫妻は「幸せな気持ちでいっぱい。今日を新たな結婚記念日として頑張りたい」とニッコリ。今年のテーマ“夫婦の絆を深めよう”で、高橋は「僕らの場合、あまり向かい合わない。同じ方向に向き合うようにしてる。表情を出さない方が言いやすいこともある」と夫婦円満のポイントを明かすと、三船も「人って向き合うと仇を探し合っちゃうから」とうなずいた。

 結婚当時は24歳差婚で話題を集め、当時16歳だった三船は「やっと皆さまに認められたと思うと嬉しい。これからもいい夫婦でいたい」と感激しきり。年齢差も気にならないといい、高橋は「全然(世代が)違うので、もめようがない。逆に、いい面の方が多いと思う」と円満を強調し、“虎舞竜”ならぬ「トラブルはない」と終始2人はベッタリだった。

 また第2子の予定について聞かれると高橋は「欲しいですね。子作り休暇が欲しいくらい。でも、こればかりはね〜」とコウノトリの再来に期待を込めていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事