田畑智子、“噂の彼”との交際認める! 「仕事も恋もうまくいけば」

DVD『KAZUKO’S CASE〜カズコの真実 月刊NEOムービー田畑智子〜』上映会イベント前に報道陣の取材に応じた田畑智子 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

DVD『KAZUKO’S CASE〜カズコの真実 月刊NEOムービー田畑智子〜』上映会イベント前に報道陣の取材に応じた田畑智子 (C)ORICON DD inc.
 今年9月に俳優・岡田義徳との熱愛が報じられた女優の田畑智子が16日、都内で行われたDVD『KAZUKO’S CASE〜カズコの真実 月刊NEOムービー田畑智子〜』上映会イベント前に報道陣の取材に応じた。田畑は同作で生粋の悪女を演じ、自身初の写真集『月刊NEO 田畑智子』ではヌードに初挑戦するなど“清純派女優”のイメージを壊す新境地を発揮。報道陣から“新たな恋”について質問が飛ぶと「仕事も一生懸命やっていますし、両方うまくいけばいいかなと思います」と照れながら交際を認めた。

 “新たな恋”の話題に対し、関係者が「プライベートな質問はちょっと…」と制止したものの、田畑は「いやいや、そんなことないですよ」とさえぎり、あっさり対応。今年のクリスマスは「仕事をしてるかな」といいつつも、彼と過ごすのかを聞かれ「わかんないです。どうでしょう」とニッコリ。“濡れ場”も披露している同作は、まだ観せていないようで、「勝手に見ていただいたらいいと思います」と終始頬を緩ませていた。

 同作は、これまで何度も映画やドラマのモチーフとなった「松山ホステス殺害逃亡事件〜福田和子〜」をヒントに、若手映画監督の入江悠が脚本・監督を手がけたショートムービー。場末のスナックで“ウリ”を武器に客を取るホステス・カズコを演じる田端は、自身の“悪女”な部分について「京都の人に怒られるかもしれないけど、京都の人は腹黒いって言うじゃないですか。わざとチクッとトゲを刺して嫌味っぽく言ってみたり、そういう血は流れてるかな」と笑わせた。

 初ヌードには「30歳を迎えて今までのイメージを自ら壊したい、新しい自分を作っていきたいと思ったキッカケがこれ」と語り、「今までやってきたイメージがついているし、自分もそこから抜け出したかった」と強い決意のもと臨んだという。「女性として大人になっていく自分も試したいし、今まで出てきていない自分もあった。自信がついたとまでは言わないけど、腹がすわったというか、いい経験になりました」と晴れやかな笑顔を見せた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事