東山紀之、18年ぶり『ベストドレッサー賞』に歓喜「第60回まで体型維持する」

 少年隊の東山紀之(45)が30日、都内で行われた日本メンズファッション協会主催の『第40回ベストドレッサー賞』発表&授賞式に出席した。1993年に同賞を受賞している東山は、18年ぶり2度目の受賞に「ずいぶん年月が経ちましたけど、体型は当時と変わってないですね」とニッコリ。体型維持のための“1日腹筋1000回”も継続しているといい「第60回くらいまではこのままの体型でいけるんじゃないですかね。また(賞を)頂けるように、1日1日頑張って鍛えていこうと思います」と、3度目の受賞に意欲をみせた。

 18年前を振り返った東山は「たしか赤い衣装で、非常に嬉しかったのを覚えています。嬉しすぎて何かやらかしてたってスタッフの人に言われたんですが、若かったですからね」としみじみ。今月4日に妻で女優・木村佳乃(35)との間に長女が誕生したばかりだが、名前については「いえいえ、またそのうちに」と笑顔でかわした。

 東山とともに<芸能部門>で選出された女優の吉瀬美智子は、背中が大胆に開いたセクシードレス姿で登場。吉瀬は「30歳を過ぎてもこういう服が着れたらいいなという気持ちを込めて、セクシーでかっこいい、かわいいドレスにしました」とファッションポイントを語りつつ、受賞の喜びを「自分がもらっていいのかわかりませんが、もらえるときはありがたく頂きます」とコメント。夫にも受賞を報告したようで「喜んでくれましたね」と笑顔をみせた。

 同賞はファッション意識の向上を目指し、ファッションセンス、ライフスタイル全体に“おしゃれ感”の漂う人を選出し「自主性」「流行性」「時代性」「人間性」の4つの選考基準により受賞者を決定。昨年の沢村一樹、武井咲らをはじめ、これまでに土屋アンナ、高橋克典、市原隼人、上戸彩、役所広司、渡辺謙、菊川怜、織田裕二らが選出されている。

『第40回ベストドレッサー賞』
<政治・経済部門> 黒岩祐治(神奈川県知事)
<学術・文化部門> 石田衣良(作家)
<芸能部門> 吉瀬美智子(女優)、東山紀之(俳優)
<スポーツ部門> 古閑美保(プロゴルファー)
<インターナショナル部門> KARA(歌手)、超新星(歌手)
<特別賞(石津謙介賞)>テリー伊藤(演出家)


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube