ミスキャンパスクイーン、グランプリは“双子の姉” 21歳・廣井佑果子さん 妹に「愛しています」

ミスキャンパスクイーンのグランプリを獲得した、高知大学人文学部国際社会コミュニケーション学科・廣井佑果子さん (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

ミスキャンパスクイーンのグランプリを獲得した、高知大学人文学部国際社会コミュニケーション学科・廣井佑果子さん (C)ORICON DD inc.
 全国の大学から選ばれたミスキャンパスの中から頂点を決める『Miss of Miss Campus Queen Contest 2011』が17日、東京・お台場ヴィーナスフォートで開催され、高知大学人文学部国際社会コミュニケーション学科の廣井佑果子(ひろいゆかこ)さん(21)がグランプリを獲得した。全国から参加した69校69名の“頂点”に立った廣井さんは、“クイーン”の証であるトロフィーとティアラを受け取りながら大粒の涙。「信じられないです、言葉がありません。ここに立てただけで奇跡だと思いますので、ありのままの自分で楽しもうと思っていました。ありがとうございます」と喜びを爆発させた。

 1990年3月10日生まれの大学4年生・廣井さんは、同コンテスト出演にあたり一番の支えになったという双子の妹に向け「いつもくだらないことでケンカばかりしているけど、あなたが一番力をかしてくれました。本当にありがとう。愛しています」と感謝。今後は「この賞にふさわしい女性になれるように、内面も外見も磨いていきたい」と語りながら、この日が“東京3回目”ということもあり「もっと東京に来る機会が増えたらいい。JRの乗り換えも覚えたいと思います」と笑顔をみせた。

 そのほか準グランプリを獲得した立教大学経営学部経営学科・長澤芽美(ながさわめいみ)さん(20)は「人生の中でまたとない舞台に立てて、支えてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです」と感無量。審査員特別賞・ヘアグランス賞を受賞した大妻女子大学多摩キャンパス人間関係学部人間福祉学科の増田美香さん(19)は「高校から憧れていた舞台に参加できただけでも嬉しかったのに…夢が叶った感じです。支えてくださった皆さんのおかげです」と喜びの涙を流した。

 今年で9回目の開催となった同コンテストは、過去にタレントの八田亜矢子やキャスターの高見侑里らを輩出。この日は審査員に俳優の谷原章介、司会としてタレントのはるな愛が見守る中、過去最多の69名がエントリーした一次審査を経て選ばれたファイナリスト10名が登壇。ウエディングドレス姿の披露や、『愛言葉』をテーマに各自が愛する人に向けた想いを綴った手紙を読み上げアピールした。

◆開催年並びにグランプリ受賞所属大学
2003年度 東京大学
2004年度 跡見学園女子大学
2005年度 立教大学
2006年度 日本大学芸術学部
2007年度 法政大学
2008年度 立教大学
2009年度 桜美林大学
2010年度 立教大学


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事