熊田曜子、デビュー10周年の節目に自ら30cm“断髪”も「賛否両論」

デビュー10周年の節目を迎え、写真集の撮影中に自ら髪の毛を30cm“断髪”した熊田曜子 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

デビュー10周年の節目を迎え、写真集の撮影中に自ら髪の毛を30cm“断髪”した熊田曜子 (C)ORICON DD inc.
 タレントの熊田曜子(29)が17日、東京・福家書店新宿サブナード店で自身30冊目の写真集『0 ―zero―』の発売記念握手会イベントを行った。デビュー10周年の節目を迎え、同作の撮影中に自ら髪の毛を30cm“断髪”。お気に入りショットに髪を切るシーンを挙げ、「芸能生活10周年で、スタートの“0”に戻ってっていう決意表明を込めて切りました」と意気込んだ。これほど短く切ったのは高校1年生以来といい、「髪の毛が短いイメージがないから、賛否両論です」と笑わせた。

 企画会議から参加したという気合いの入った同作は、今年8月後半にオール台湾ロケで撮影。“海パンカメラマン”で話題の野澤亘伸氏が手がけ、熊田は「年末年始特番は私が野澤さんのバーターで出させてもらって、最近は野澤さんの方が有名な感じ」と苦笑い。自ら企画した断髪のほかこれまで見せてこなかった弱々しい泣き顔も披露し、「演技ができないので、最終日に髪の毛を切りながら『やらなきゃ』っていうプレッシャーで泣きました。何か変えたいって気持ちもあったし、新しいイメージで」と新境地も披露した。

 来年は「5月の誕生日で30歳になるので、20代をジタバタして過ごしたい。寝ないで遊んで仕事して、『20代よかったな』と思って30代になりたい」と意欲的。また友人のほしのあきの結婚式にも出席することから、自身の恋愛も「今までどおり順調にいきたい。結婚は自分だけじゃなく相手のこともあるし、友達の結婚式で感化されたら気持ちが高ぶるかも」と期待を寄せた。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube