神田うの、産後約3ヶ月で12kg減量 それでも「モデルとしてはダメ」

出産後から体重が12キロ減量した神田うの (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

出産後から体重が12キロ減量した神田うの (C)ORICON DD inc.
 昨年10月に長女を出産したタレント・神田うのが、宅配水ブランド・アクアクララ『ベビアクア』プランのイメージキャラクターに起用され2日、都内で行われた新CM発表会に出席。妊娠中に最大19キロ増えたという体重も産後わずか3ヶ月ほどで12キロ減量し、だいぶ細身に。それでも本人は「まだ7キロ重い。うのちゃんサイズの5号のドレスが着られないからモデルとしてはダメ」とストイックに語った。

 『ベビアクア』プランは、プレママから3歳未満までの赤ちゃんがいる家庭を応援する特典プランとして安心で快適な育児ライフをサポート。出産後初CMとなる同作には撮影当時生後6ヶ月の子役・市丸聖菜(せいら)ちゃんを腕に抱いたママとして出演し、「私の娘より5ヶ月お姉さんだったから、娘の近い未来みたいなのが垣間見れてすごく楽しい撮影でした」と振り返った。

 この日も特別ゲストとして登場した聖菜ちゃんを手馴れた様子で抱っこし、出産後は生活スタイルが子ども中心にガラリと変わって「まったくもって夜遊びをしなくなりましたし、興味がなくなった」とキッパリ。今後の母子共演の可能性には「うちの子は名前も公表しないし、絶対出さないって決めてる」と語り、「彼女が大きくなって自分で出たいっていうならいいけど。親が勝手に晒し出すっていうのは私のスタイルではないし、家族の方針です」と親心をのぞかせた。

 発表会ではほかに、神田が手がける妊娠・子育てグッズの新ブランド『UNONO』とコラボレーションしたウォーターサーバーがお披露目された。新CM『ベビアクア ママ友に語る』篇は3日(金)より全国で放送。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube