国生さゆり、バレンタイン入籍を生報告 「ほだされ婚」と大のろけ

左手薬指の指輪をお披露目 幸せいっぱいの国生さゆり (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

左手薬指の指輪をお披露目 幸せいっぱいの国生さゆり (C)ORICON DD inc.
 婚約していたコンサルタント会社社長の甲田英司氏と“バレンタイン入籍”したタレントの国生さゆりが14日、東京・六本木のブルーマンシアターで上演中の『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』のバレンタインデーイベントにゲスト出演し、入籍を生報告した。国生は、同日午前に揃って婚姻届を提出したといい、すでに“バレンタインキッス”も「歌とともにありましたよ。サビだけ歌いました」とニッコリ。ハリー・ウインストンの婚約指輪を光らせ、出会ったときから「結婚したい」と言われていたことから、「ほだされ婚」と語り、満面の笑みでのろけた。

 国生は「本日、私国生さゆりは甲田英司さんと入籍いたしました」と改めて報告し、「待ってましたけど、まだあまり実感がなくて。嬉しいです」とほっと一安心。バレンタイン婚となったのは、国生のファンだった甲田氏の意向で「うちの主人らしいことだなって微笑ましかった。私はもっと早くしたかったですけど、何かないと男の人はなかなか決めにくいですよね」と本音ものぞかせた。

 プロポーズではないと前置きしつつ、「何もかも守っていくので、1人でがんばることはない。好きなことだけやっていればいい」と言葉を贈られたという。甲田氏の好きなところについては「何事も私のことを考えて行動してくれるし、物事を考えてくれる。あと尊敬できる」と頬をゆるませ、相手からは「全てじゃないでしょうか。いいところも悪いところも含めてしょうがないなと思ってくれてる」と明かした。

 また、「うちに帰ってきたときくらいは優しい気持ちになれる、普通の家庭を築きたい」といい、今後の仕事については「主人についていきたいので、2人の生活を中心に考えながらお仕事させていただきます」と語った。

 2007年より約4年間に渡って海外コンテンツとしては異例のロングランを続ける同公演も3月31日で千秋楽。この日国生はブルーマンとともにマシュマロ投げに挑戦した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube