安藤美姫、人生初のウエディングドレスに感激「とても幸せな気分」

フィギュアポーズでウエディングドレス姿を初お披露目した安藤美姫 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

フィギュアポーズでウエディングドレス姿を初お披露目した安藤美姫 (C)ORICON DD inc.
 女子フィギュアスケートの安藤美姫選手(24)が15日、桂由美の新作ウエディングドレス『YUMI MARIEE “Princess of Mikimoto Pearls”』発表会で、自身初のウエディングドレス姿を披露した。1万3262個のアコヤ真珠をあしらった総額3500万円のドレスを身にまとい、安藤選手は「女の子の憧れなのでとても幸せな気分。次は自分のウエディングで着たい」と満面の笑み。結婚の予定については「相手がいないので全く考えてない。現役を引退したら、そういう考えも出てくるかもしれませんね」と笑顔で語った。

 今回のコラボレーションは、桂が安藤選手のステージを観賞した際に「白の衣装を着ていて、リンクと相まって“白鳥の舞”のようだった。そこから“白”と安藤さんが結びついた」ことで実現。昨夜完成したばかりのドレスに優しく手を添えながら、安藤選手は「皆さんのドレスにかける志や気持ちが重く感じる。こんなキレイなドレスを着られて本当に嬉しい」と感激しきりだった。

 安藤選手は、21日に東京ドームシティホールで開催される桂由美グランドコレクションにも出演が決定しており、「ファッションショーは初めての経験。ドレスを着るために体もちょっと絞ってきたので、頑張ります」と意気込み。各国のモデルたちとの共演については「キレイな顔と私を比べられてしまいますが、笑顔で楽しむことができれば」と語った。

 安藤選手の初々しいドレス姿に満足げの桂は「早く安藤さんの本番(の結婚式)やってほしい。自分がスポイルされるような結婚はダメですけど、安藤さんのスケートを一番に考えて励まし合える男性がいるはずです」と後押し。安藤選手は「365日リンクの上にいて出会いもないので、コメントに困りますね…」と苦笑いしていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事