インパルス・堤下、奥さん似の愛娘に大喜び 「痩せさせたい」と将来案ずる

愛娘の誕生で早くも親バカぶりを発揮したインパルス・堤下敦 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

愛娘の誕生で早くも親バカぶりを発揮したインパルス・堤下敦 (C)ORICON DD inc.
 お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が15日、都内で行われた出演映画『アフロ田中』の公開記念イベントに司会として出席。先月24日に第1子女児が誕生していた堤下は「かわいいです」と早速親バカぶりを発揮。「実際に見るとカミさん似」と大喜びするも、芸人の娘とあって「(今後も)カミさんに9割似てほしい。あと、“デブみ下”とか、いじられるかもなので痩せさせたい」と切に願った。

 報道陣から祝福された堤下は「元気に生まれまして」とニッコリ。ただ、「お風呂とか入れるけど、抱くと引かれるくらい泣く。本能的に嫌われてるのかな」と、懐いていないことに肩を落として笑いを誘っていた。

 この日は同映画の公開を祝して『ベストアフロニスト』授賞式が開催。アスリート部門代表に具志堅用高、お笑い部門代表にお笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右、アーティスト部門にアフロヘアーの3人組バンド・鶴が登場。

 アフロヘアーのドミニカ選手が強そうに見えたという理由でアフロにしていたという具志堅は「当時、15Rあったんだけど、(頭が)重くて疲れたんだよね」とボクサー時代の苦労を告白。さらに、「蚊やハエが(アフロに)入って取れないんだよ」と特有の悩みを明かすと、藤田や鶴のメンバーも納得してうなずいていた。

 生まれながらに強烈な天然パーマの田中広(松田翔太)が、学生時代の友人の結婚式までに彼女を作るべく、お隣に引っ越してきた加藤亜矢(佐々木希)に激しく好意を寄せていくラブコメディ『アフロ田中』は、2月18日(土)より公開。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube