霧島れいか、美白ブランドCMで存在感 “女性の心の変化”を好演

霧島れいかが出演する、美白ブランド『HAKU』(資生堂)の新CM「face up」篇(30秒)の1シーン

[拡大写真]

霧島れいかが出演する、美白ブランド『HAKU』(資生堂)の新CM「face up」篇(30秒)の1シーン
 女優の霧島れいか(39)が、美白ブランド『HAKU』(資生堂)の春のプロモーションに新モデルとして起用され、新CMに出演することがわかった。今回「過去と現在」そして「ネガティブとポジティブ」を表現する霧島は、15秒という限られた時間でひとりの女性の心の変化を絶妙に演じ分けている。

 同CMは、真っ白な空間にたたずむ霧島が、シミを隠したいという思いを抱え、憂いに満ちた表情を浮かべるシーンから展開される。場面はスーザンボイル(50)が歌う楽曲「face up」を合図に一転、勢いよく立ち上がり両手で髪をかきあげた霧島は、シミひとつない、透き通った白い肌を凛とした表情で披露。ストーリーを通じて、同商品によって得られる「自信」や「前向きな姿勢」を表現している。

 カメラマンから「撮れば撮るほど表情が深みを増していく」と絶賛された霧島の演技力や存在感を、さらに引き立てたのはスーザンの力強く澄んだ歌声。オリジナルのCM楽曲を歌唱するのは初となるスーザンも「この映像には、自由と開放感があります。この作品に関われたことを嬉しく思います」とメッセージを寄せ、作品の仕上がりに太鼓判をおした。

 霧島が出演する『HAKU』新CM「face up」篇(30秒・15秒)は21日より放送。この放送に先駆け、霧島とスーザンのスペシャルインタビューが同ブランドサイトにて公開中。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube