小雪、愛息子の顔は「上は私で、下は夫似」

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』ママさん上映会にゲストとして出席した小雪 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』ママさん上映会にゲストとして出席した小雪 (C)ORICON DD inc.
 女優の小雪が22日、都内で行われた公開中の映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』ママさん上映会にゲストとして出席。1月5日に男児を出産してママになった小雪は、顔がどっち似かを聞かれ「最初は宇宙人(顔)から始まり、お猿さんになって、今では上が私で、下が夫(松山ケンイチ)似って感じ」と明かした。

 劇中で妊婦役と出産シーンを演じていた茶川ヒロミ役の小雪は「作品と実体験が重なることはなかなかないと思うので、運命を感じてる」としみじみ。収録時は妊娠はおろか結婚前で、妊婦役を演じており「臨月の体勢と(お腹の)つけ物をしてたので、腰痛が体験できたんですけど、実際の臨月で腰の痛みを実体験してリンクするなって、その後に思いましたね」と感慨深げに振り返った。

 上映会には100組200名の親子が集まり、会場には泣き叫ぶ子どもの声が響く独特の雰囲気。小雪は「母の偉大さを痛感してる。子どもを持ってみないとわからない、泣くとかいう赤ちゃんの主張を、こうやって自由にできる場は嬉しい。こういう場が増えたら、もっと子育てしやすくなる」と、泣く子どもに向かって手を振るなどママの表情をみせた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事