AKB指原、「サマンサ」ミューズ就任に驚き「どうしてこうなった」

人気ファッションブランド・サマンサタバサの新ミューズに起用されたAKB48・指原莉乃 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

人気ファッションブランド・サマンサタバサの新ミューズに起用されたAKB48・指原莉乃 (C)ORICON DD inc.
 人気アイドルグループ・AKB48の指原莉乃(19)が人気ファッションブランド・サマンサタバサの新ミューズに起用され22日、都内で行われた記者発表会に出席した。“ヘタレ”、“ファッション音痴”として知られる指原は、着慣れない爽やかな衣装に身を包み「皆さんも思ってるはずですが、どうしてこうなったと。いつ落とし穴がくるかと思ってたんですがドッキリじゃないみたいです」と驚き。ファッションリーダーへの願望については「ないです!」と即答し、「私のように、オシャレじゃない人に勇気を与えられるようになれば」と笑顔をみせた。

 総合プロデューサー・秋元康氏から直接新ミューズの報告を受けたという指原は「あまりにさらりと言われたので、なんでだろうと疑いました。不思議な気持ちです」とソワソワしながらも「まさかこんなことになるとは自分でも思っていなかったし、(故郷の)大分県のおじいちゃんやおばあちゃんもめちゃくちゃびっくりすると思います」と大興奮。同ミューズには、同じグループの板野友美が就任しているが「ライバル心なんてない。先に先輩がやってることで安心感があるので、これからいろんなことを相談していけたら」と語った。

 また、ミューズ就任にあたり、23日発売の女性ファッション誌『JJ』(光文社)の表紙にも抜てき。前田敦子、大島優子に続き、AKB48メンバー3人目となる同誌表紙を飾るとあって「一生ないだろうなと思ったので、今世紀最大のドヤ顔を決めようと思いました」と表紙を眺めながら満足げ。撮影にあたり「私は何をしてもダサいので、なるべくオシャレに見えるように頑張った。すべてはカメラマンさんに感謝ということですね」と振り返った。

 今後の“モデル業”については「需要もお話もないと思うので視野には入っていませんが、もし機会があればやらせていただきたい」と控えめ。ミューズ就任をメンバーには伝えていないといい、「なんで指原が? という感じだと思うので、みんなの反応に緊張しています」と苦笑いした。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube