【前編】AKB48“非選抜組”仲谷明香が語る「光と影」 〜総選挙の日、前田敦子の隣にいた私

二十歳の記念として新書『非選抜アイドル』(小学館)を執筆した仲谷明香 (C)ORICON DD.inc

[拡大写真]

二十歳の記念として新書『非選抜アイドル』(小学館)を執筆した仲谷明香 (C)ORICON DD.inc
 国民的アイドルグループ・AKB48に属し、一度も選抜メンバーに選ばれたことのない“非選抜組”として東京・秋葉原にある専用劇場をメインに活躍する三期生・仲谷明香が、二十歳になった記念として上梓した新書『非選抜アイドル』(小学館)を4月2日に発売する。絶対エース・前田敦子とは中学の同級生であり、昨年の『選抜総選挙』で彼女が首位奪還のスポットライトを浴びた時に、その隣にいた仲谷があの瞬間の胸の内を赤裸々に告白。ORICON STYLEのインタビューで「ここまで、内面をブログとかにも出したことがないので、この本を読まれた方は私へのイメージが変わるんだろうなと思っています」と、アイドルとしての葛藤や、知られざるAKB48の仕組みを語った。

 前田を始め、今年成人式を迎えたメンバーは多く、いずれも記念の写真集などを発売し話題をさらっている。そんな中、なぜ写真も掲載しない、かつ暴露本といわれてもおかしくない同書を“二十歳の記念”としたのか? 普段は温厚な仲谷だが、“もしドラ”の生みの親・岩崎夏海から「書いてみたら?」と後押しされ、キャラ返上で執筆を決意。「書くんだったら、今まで経験してきたことを全部書こうと決めて、思い切り吐き出しました」という言葉通り、幼い頃の両親の離婚や学生時代の引きこもりについても語っている。

 同書の冒頭は昨年の「AKB48選抜総選挙」で始まり、前田がライトを全身に浴びる横で、自分が影となったあの瞬間を「非選抜としての自分の立場を象徴する結果でした」と振り返る。「(前田と)同じステージに立とうは思ってなくて。とりあえず下の方でコツコツやってみようと思ってました」と笑い、「すぐ隣でスポットライトが当たった時は、嬉しかったです。すごく苦しそうだったので1位が確定したときは『ほっ』としました」と、予想もしていなかった答えが返ってきた。

 またAKB48特有の“移籍システム”にも触れている。オーディションに合格した後には、一旦全メンバーがAKSに所属となるが、一定期間内に他の芸能事務所から“身請けしたい”とスカウトの声が掛からなければ、おのずと卒業の2文字が頭をよぎるという。「今後続けても、見込みが無いということになるんです。入団から2年半の間、移籍が決まるまでは、私も不安になりました」と、ファンでなければ知りえない内部事情も打ち明け、生き残りを左右する“人気獲得”こそが、最大の壁だったと話す。

>>【インタビュー後編】総選挙が生み出す劣等感を告白
>>【フォトギャラリー】AKB48・仲谷明香

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube