田中麗奈が結婚詐欺の被害者に! 映画『夢売るふたり』追加キャスト発表

西川美和監督作『夢売るふたり』で“騙される女”を演じる(左から)鈴木砂羽、田中麗奈、木村多江

[拡大写真]

西川美和監督作『夢売るふたり』で“騙される女”を演じる(左から)鈴木砂羽、田中麗奈、木村多江
 女優・松たか子と俳優・阿部サダヲが、結婚詐欺師役で初共演する西川美和監督の映画『夢売るふたり』の追加キャストが21日、発表された。主演の2人に騙される女たちに田中麗奈 鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由夏、木村多江ら5人の女優が決定。結婚できないOLを演じた田中は「この作品を通して役者として大変貴重な経験ができたと思います」と被害者役を喜んだ。

 映画『ゆれる』や『ディア・ドクター』など、鋭い洞察力で人間の感情の揺らぎを大胆かつ繊細に描きだす西川監督の最新作は、東京の片隅で小料理屋を営んでいた夫婦が火災ですべてを失い、再出発への資金稼ぎに“結婚詐欺”を始める物語。妻(松)は女性たちが抱える孤独を探し出し、そこに夫(阿部)が入り込んでいくが、嘘の繰り返しはやがて夫婦と、騙した女性たちの人生の歯車を狂わせていく。

 田中は男運に恵まれず30歳を過ぎても親と同居の独身女性、鈴木は不倫を終わらせた女性、木村は旦那と死に別れ女手一つで息子と年老いた父との生活に追われる母親と、一癖も二癖もある孤独を抱えた現代女性を熱演。田中は「西川監督の作品に出演出来る喜びと恐怖でいっぱいでした」と恐縮しながらも「大変貴重な経験ができた」と振り返り、同じく西川作品に初参加となった鈴木も「細やかな演出が勉強になり、大変痺れました。そして西川監督のいい女ぶりにも痺れました」と、満足げに語っている。
 
 一方、彼女たちを騙す側にまわった阿部は「本当に皆さんビックリする程リアルで、騙そうとする芝居は必要ありませんでした」と、実力派女優陣の演技に感心しきりだった。映画『夢売るふたり』は今秋全国ロードショー。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事