庄司、ベビティーの命名案「庄司羽男(パオ)」だった

2009年11月に結婚披露宴を行った庄司智春と藤本美貴 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

2009年11月に結婚披露宴を行った庄司智春と藤本美貴 (C)ORICON DD inc.
 お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春が28日、開催中の『第4回沖縄国際映画祭』で会見を開き、妻でタレント・藤本美貴との第1子男児誕生を報告した。名前はまだ決まっていないが「字画のめちゃくちゃいい庄司羽男(パオ)」で提案したところ、藤本から「彼が30歳のサラリーマンになって名刺交換をしたときに、パオではさすがに商談成立しないんじゃないか」と却下されたと明かした。

 陣痛が始まってから約6時間での出産となり、「初産としては早めで安産でした。ミキティーとベビティーで頑張ってくれました」と笑顔。「口と鼻は彼女に似てる。目も大きくてミキティー似。でも下がった眉毛は僕似ということでよろしくお願いします」と身振り手振りを交えて説明する表情は終始デレデレしていた。

 命名で最初に提案したのは夏目漱石の本名「金之助」だったが、藤本から「絶対に嫌だ」と早々に却下。めげずに「メールのやりとりの最後にふざけて入れる“パオ(ハート)”の響きがいいと思って」と庄司羽男(パオ)を提案。調べたところ字画がとても良かったことからさらに推すと、藤本は「子供のときはパオでもいいかもしれないけど……」と将来を考え、庄司をたしなめたのだという。

 命名に関しては急がず「(申請まで)2週間あるので接しながら、話し合いながら決めたい」といい、子供の将来は「彼女のような歌唱力が受け継がれるならば、彼の歌声を聴いてみたいと思う。その際(所属事務所)はよしもとではなくアップフロントでぜひお願いいたします」と懇願した。

 とんぼ返りで沖縄に戻ってきた庄司は「もう帰りたいですよ。きのうは僕がおむつを替えました。かわいいお尻してました」と親ばか全開。一方で自身の芸風は「変わらないでしょうね。でも新しいことにはチャレンジしていきたい。今後、家族を養っていかないといけないので」と父親としての責任感を語っていた。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事