米倉・上戸・武井咲ら輩出 『国民的美少女コンテスト』が3年ぶり開催

3年ぶりに開催される新人発掘オーディション『第13回全日本国民的美少女コンテスト』

[拡大写真]

3年ぶりに開催される新人発掘オーディション『第13回全日本国民的美少女コンテスト』
 女優の後藤久美子、米倉涼子、上戸彩らを輩出してきた新人発掘オーディション『第13回全日本国民的美少女コンテスト』が、25周年を迎える今年の8月21日に、3年ぶりに開催。武井咲、忽那汐里、剛力彩芽ら実力派若手女優を生み出してきた同コンテストで、新たなスターを見つけ出す。

 1987年に後藤をイメージキャラクターとして初開催された同コンテストは、時代が求めるスターを継承していくことなどを目的に定期的に実施。昨年は東日本大震災の影響により延期を決断。大手芸能事務所オスカープロモーション副社長・石川薫氏は今年開催の経緯について「夢と希望、明るい話題を皆さんにお届けするため」としている。

 応募資格者は、“21世紀のスター”を目指す12〜20歳までの女性で、5月25日まで郵送、オスカープロモーション公式SNSサイト『be amie』、同公式モバイルサイト『国民的美少女』から募集。書類や面接を含む予選審査を経て、東京・ホテル グランパシフィック LE DAIBAにて本選大会が実施される。なお、グランプリ受賞者には賞金200万円のほか東映2013年度公開映画作品への出演、テレビ朝日系ドラマへの出演、歌手デビュー、オスカープロモーション所属の5大特典が授与される。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube