キム兄&西方凌が結婚会見 “4度目の正直”木村「これで最後です」

披露宴パーティーで木村祐一にチューをする西方凌 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

披露宴パーティーで木村祐一にチューをする西方凌 (C)ORICON DD inc.
 お笑いタレント・木村祐一(49)と女優・西方凌(31)が8日、東京・新宿の吉本興業東京本社で2ショット結婚会見を行なった。4度目の結婚となる木村は「この度、母ちゃんをもらいました」と顔を真っ赤にしてあいさつ。2人揃って結婚指輪をはめ、木村は「引き締まる思い。これで最後です」といい、今後浮気や二股は「ない」と宣言。西方も「大丈夫です」と誓い合った。

 木村は「全力で僕にぶつかってくる姿勢が惚れましたね」と終始赤面。西方は「怒りを発散するのが、優しさからだと気付いたことがわかって、気の毒だなと思って。早死にするんだろうなと、守らなきゃと思った。繊細な部分が和らいでくれるかなという使命を感じました」と、木村の性格を理解している様子だった。

 会見後は、旧小学校跡地に構える同社の中庭などで披露宴パーティーを開催。前代未聞の披露宴会場に木村は「吉本所属して25年なりますけど、会社の人たちに見てもらいたかったし、劇場も近いので、芸人さんたちも足を運んでもらえるかなって。この会社で良かったという感謝の意味も込めて」と照れ笑い。西方も「学園祭のノリでやりたいと思ってた」と笑顔を振りまいた。

 プロポーズは西方からで「幸せにしてあげるよって言いました。4回くらいに分けて言った。最終的には、4度目とあってプレッシャーもあるのかなと思って、プレッシャー感じなくていいよって言ったら、一週間後に指輪をくれました」。猛烈アプローチに木村は「冥利に尽きる。3度結婚と離婚してますから、本当に俺でいいのか、と。ありがたすぎて涙出た」と振り返った。

 報道陣から“4度目の正直”を確認されると木村は「もちろん!」と約束。お互いを「本名の、アツって呼んでる」(木村)、「(ダーリンの)ダーちゃんって呼んでます」(西方)と明かした。木村いわく「子供は産んでもらいたい」と望み、西方も「すでに(木村と前妻の間に)1人、娘さんがいるので、彼女を含めて3人欲しい」と思いを膨らませた。

 婚姻届は披露宴後に提出する予定といい、木村は「保証人は弊社タレントの次長課長の河本準一とフットボールアワーの後藤輝基。前回も披露宴で涙を流してくれたので、その涙を裏切らないように」と苦笑い。また、挙式は4月29日に済ませたといい、西方から「打ち合わせの時から木村さんが泣いてた」と暴露され、会見場は爆笑に包まれていた。

 木村が監督を務めた映画『ニセ札』(2009年公開)に西方が出演したことをきっかけに、以前から木村の大ファンだった西方がアプローチし交際に発展。今年2月に放送されたABC・テレビ朝日系番組『Oh! どや顔サミット』に揃って出演した2人は、サプライズで結婚を発表し、西方の逆プロポーズが決め手だったことを報告していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube