中谷美紀、6年ぶりエッセイ集発売「不確かな人生の遍歴を見て」

中谷美紀の6年ぶりエッセイ集『女心と秋の空』(幻冬舎)

[拡大写真]

中谷美紀の6年ぶりエッセイ集『女心と秋の空』(幻冬舎)
 女優の中谷美紀(36)が、6年ぶりとなるエッセイ集『女心と秋の空』(幻冬舎)を9月12日に発売する。文芸誌『パピルス』(同社)で2005年12月号から連載しているエッセイを1冊にまとめたもので、中谷は「7年の間に、成長と後退を繰り返しながらずいぶんと変化を遂げましたが、『女心と秋の空』のタイトルのごとく、不確かな人生の変遷を見守っていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

 3ヶ月以上にわたるインド旅行を綴ったインド旅行記シリーズを発売するなど、以前からエッセイや手記などを執筆する中谷は、「他人の価値観を演じるストレスを自著で発散するのが初期の目的でしたが、いつしか演技と同様、私個人の気持ち云々よりも、優れた先人の話に耳を傾け、媒介に徹して書くことが心地よくなってきました」と、“作家”となっても“女優”と共通した魅力を発見していた。

 エッセイでは、「さまざまな場面での素晴らしい出逢いについて、口から発する言葉では伝えきれないこと」を文字にしており、同書でも何気ない日常の風景や、旅先で出会った忘れられない思い出などを綴る。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube