ドリフで子作り競争 加藤茶「仲本には負けたくない」

仲本工事と三代純歌の結婚披露宴に出席した加藤茶 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

仲本工事と三代純歌の結婚披露宴に出席した加藤茶 (C)ORICON DD inc.
 ザ・ドリフターズの仲本工事(71)と歌手の三代純歌(44)が14日、挙式した。都内ホテルで行われた結婚披露宴には、ドリフメンバーの加藤茶(69)、高木ブー(79)をはじめ300人の著名人が来場。加藤は「いい看護師さんが見つかったんじゃないかな。70歳過ぎて、面倒見てもらうことの方が多いだろうし」と祝福しつつ、年の差婚同士で「あとはいつ子どもを産むかですよね。仲本には負けたくないと思います」とライバル心をのぞかせた。

 一足早く昨年6月に結婚した加藤は「変わらず円満です」とにんまり。自身の経験をもとに「僕は45歳差ですけど、その差が結婚すると縮まる。今じゃ尻に敷かれまくってますけど、嫁さんが強い方がうまくいきますね。カミさんの言うことを聞いて、子ども産んで円満にやってもらいたい」と話すと、その隣で高木も「尻に敷かれてるほうが一番いいですよ」と同調していた。

 二人に続き取材に応じたタレント・中山秀征は「71歳ですからね。ドリフはどうなってるんでしょう」と、そのバイタリティに感心しきり。子作りで仲本をライバル視した加藤について「死に物狂いでベッドの端をかみ締めながら頑張ってるみたいですよ」と笑い話にしながら「加藤さんもですけど、奥さんが若いと若返る。仲本さんもこれからギラギラして、昔みたいにバク転バク宙するんじゃないですか」と期待していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube