現代人のキス事情…女性の9割は「キスしても付き合わない」

キスだけして付き合わなかった経験はありますか?【女性回答】

[拡大写真]

キスだけして付き合わなかった経験はありますか?【女性回答】
 現代人にとって“キス”という行為はどのような位置づけなのだろうか? 先ごろ、SKプラネット・ジャパンが20代、30代の男女計400名を対象に「現代人のキス実態調査」を実施。その結果、女性の9割以上が「キスをしたからといって付き合うとは限らない」と回答。だが、女性の6割以上はキスの経験人数が5人以内と意外にも少ない結果に。キスが“永遠の契り”と考えられたのは今は昔だが、特別な相手との大切な行為であることは変わらないようだ。

 同調査では、付き合っていない人とキスをした経験のある人に対して、「キスだけして付き合わなかったことがあるか?」を尋ねたところ、男性の88.2%、女性の90.9%がそのような経験があると回答。男女ともにキスをすることと付き合うことは、まったくの同義ではないようだ。だが、「現在までのキスの経験人数」について尋ねたところ、女性の67.0%が5人以内、男性についても同様の傾向がみられ、62.0%が5人以内という結果が出ており、キスという行為そのものは大切にしていることが伺える。

 また、ファーストキスをした年齢については、20歳までにファーストキスを経験している人が全体の80.5%、男女別でみても男性80.5%、女性80.5%と、同数が20歳までにファーストキスを済ませている結果に。だがファーストキスの相手の年齢については、男性は「同い年」が59.0%でトップ、女性は「年上」が48.0%でトップと異なる結果に。やはり女性としては年上の男性にやさしくエスコートして欲しいという願望が結果として表れている。

 好きなキスのシチュエーションについては「別れる直前に別れを惜しむ感じで軽くチュッてしたあとにもう一度キスを長めにする 」(20代/未婚女性/アルバイト)、「行ってきますのキス」(20代/既婚男性/会社員)、「エレベーターの中でするキス」(30代/未婚女性/契約・派遣社員)など定番が並ぶ。またキスをする気が失せたエピソードとしては「臭い、口臭」がやはり圧倒的。さらに「あまりにがっついていた」(20代/既婚女性/専業主婦)、「そんな雰囲気ではないのに、急に無理やりキスされたとき」(20代/未婚女性/会社員)など、男性にとっては耳が痛いコメントも。やはり、キスをするタイミング、シチュエーションは、女性にとって重要な要素のようだ。

 また、同調査ではキスをしたい著名人についても調査を実施。「キスをしてみたいスポーツ選手」部門では、男性の1位に体操の内村航平選手、女性の1位には体操の田中理恵選手とバドミントンの潮田玲子選手(同率)がランクイン。やはりロンドン五輪直後ということで日本代表選手たちが上位に選ばれる結果となった。

【調査概要】
本調査は『よしもとキスコレクション』の第2弾「よしもとキスコレクション セクシー編」のAndroid アプリストア「qiip」での配信開始を記念して実施。

調査時期:2012年8月9日(木)〜8月15日(水)
調査対象:合計400名(キス経験のある20代、30代の男女)
調査方法:インターネット調査

◆よしもとのべっぴん&ぶちゃいくと“キス”すると何かが起こる!
Androidアプリ『よしもとキスコレクション セクシー編』はこちら!



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube