ベストジーニスト賞 夏木マリ「スギちゃんに取られなくてよかった」

ベストジーニスト受賞を逃してしまったスギちゃん (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

ベストジーニスト受賞を逃してしまったスギちゃん (C)ORICON DD inc.
 最もジーンズが似合う有名人を選ぶ第29回『ベストジーニスト2012』が4日発表され、都内で行われた発表会に受賞者が出席。嵐・相葉雅紀(29)と女優・黒木メイサ(24)が「一般選出部門」でV2を達成したほか、「協議会選出部門」を受賞した女・夏木マリ(60)は「今年声をかけていただいて嬉しかった」と大喜び。同賞を虎視眈々と狙っていたピン芸人・スギちゃんに「取られなくてよかったですね〜」と安堵の表情で「ワイドショーを観たときに意気込み満々だったので、いらっしゃるんだろうなと思っていたらいなかったから。そこが私のポジションだったのかなって」と笑わせた。

 同賞の印象を問われた相葉は「選んでくださったみんなの賞だと思っています。まさか2年連続でここに来られると思ってなかった。僕は何にもしてないです」とファンに感謝しきり。第1子出産後間もないことから発表会を欠席した黒木は「ファッションが好きな一女性として、しかも2年連続で頂けてすごく嬉しいです。選んでくださった皆さんに心より感謝いたします」と喜びのメッセージを寄せた。

 「協議会選出部門」は夏木の他、俳優の井浦新(38)、モデルでタレントのローラ(22)、ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリストの村田諒太選手(26)が受賞。ファッションモデルとして10代でデビューした井浦は「この賞は存じておりましたし、とても光栄だと思っています」と微笑み、ローラは大先輩・夏木のファッションを「こういう着こなしもあるんだってビックリした。とても似合ってる〜」と絶賛した。

 大はしゃぎのローラを見て、緊張気味だった村田選手も「こんなに緊張したのは久しぶり。でもローラさんがこんなんなので、ちょっと安心しました」とほっと一安心。相葉から「世界で戦ってる…それなのに緊張しますか?」と問われると「いや、専門外なので……」と苦笑した。また村田選手が持参した金メダルを持ったローラは「わ、重い〜。肩がとってもこりそう〜」と素直な感想で笑わせていた。

◆過去の『ベストジーニスト』授賞式の模様もチェック!
2011年2010年2009年2008年2007年2006年



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube