宮崎宣子アナ、純白花嫁姿で満面の笑み 披露宴直前会見

結婚披露宴前に報道陣の取材に応じた宮崎宣子フリーアナウンサー (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

結婚披露宴前に報道陣の取材に応じた宮崎宣子フリーアナウンサー (C)ORICON DD inc.
 昨年12月24日に一般男性(34)と結婚した宮崎宣子フリーアナウンサー(33)が6日、東京・恵比寿のウェスティンホテル東京で結婚披露宴直前に報道陣の取材に応じた。宮崎アナは母親と夫が選んだという純白のウエディングドレスに身を包み登場。9月にハワイで親族と親しい友人だけで式を挙げているものの、関係者などが集まる披露宴は今回が初となる。宮崎は「去年の12月24日に結婚して、やっと結婚式を挙げることができました」と照れながら満面の笑みを見せた。

 お相手については「EXILEさん全員を足して割った感じ。穏やかなEXILEさん。顔が真っ黒くて、Vネックです」と明かし、似顔絵を披露。出会いは日テレ時代の2009年4月で、同僚の田中毅アナを紹介するためにセッティングした食事会だったという。「お互い“人数合わせ”同士」としたが、交際開始から結婚までは10ヶ月というスピード婚だった。披露宴には中山秀征、弁護士の丸山和也氏、原千晶、吉岡美穂、日テレの鈴江奈々アナ、石田エレーヌアナら約200人が集まり、司会はザ・たっちが務めた。

 現在妊娠はしていないものの、「できることなら35歳を過ぎたあたりから4年おきに3〜5人ほしい」と明かし、「(夫が)女の子だけがほしいらしいので、完璧な産み分けをして女の子を産みたい」とはにかんだ。

 プロポーズは、宮崎自らが何気なく「今度の誕生日(9月4日)に入籍しようと思うんだけど」と話したところ、大喜びで快諾してくれたという。最終的に12月24日となり、当日に今度は夫から「あすが人生最後だったらと考えたときに、一緒にいたいと思ったのが宣子でした。結婚してください」と告白されたという。

 また、第一印象については「最悪。シルバーの髪の毛に顔は真っ黒、Vネックでおでこに伊達メガネ、たばこをふーって」と辛口。初めは「怖くて、あまり関わらない方がいいかな」と避けていたもののアプローチが続き、「私がひどい対応をしたのに、よっぽどいい人なのかもと思って。彼の良さに気付くのに2年くらいかかりました」と最後はノロケまくった。

 2002年に日本テレビに入社した宮崎アナは、2009年6月に顎関節症のため仕事を降板し休養。2010年2月に復帰したものの、同年9月末に再び体調を壊し休職し、今年3月に同局を退社した。その後は体調も回復し、4月付で大手芸能事務所・プロダクション尾木に所属し、フリーアナウンサーとしての仕事を中心にタレントとしても活動している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube