石田純一、理子の難産明かす「最後は意識ないくらい」 会見の主な一問一答

妻・東尾理子の出産を受け会見を開いた石田純一 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

妻・東尾理子の出産を受け会見を開いた石田純一 (C)ORICON DD inc.
 俳優の石田純一(58)が6日、妻でプロゴルファーの東尾理子(36)が5日に第1子となる男児を出産したことを受け、都内で会見を開いた。初めて出産に立ち会った石田は、愛息誕生の瞬間を目頭熱くさせながら振り返り、報道陣からの祝福には満面の笑みを浮かべた。下記は主な一問一答。

冒頭、石田があいさつ
「きのう11月5日午後7時24分、3362グラムの男の子が誕生しました。母子ともに健康です。幸せに思います」。

――(出産に)立ち会われたんですか?
「はい、立会いました。男性が踏み込めない領域でした。かなりの難産を予想されまして、帝王切開も踏まえながら、自然分娩で産まれました。陣痛から5時間で、最後、彼女は意識がないくらいでしたね。理子は(産まれた我が子を)抱きかかえられないくらいでした。酸素マスクもつけて、酸欠で大変でした」。

――生まれた瞬間はどんな感じでした?
「感動しましたね。出てきてくれ、生まれてくれって、それだけでした。オギャーって生まれてくれて、幸せでした。元気に生まれてくれた」。

――どちら似ですか?
「理子ですね。耳は僕かな。あと、パパ(東尾修)にそっくりで、めちゃくちゃ喜んでた。そっくりなんです。もう分娩室に入ってきて大丈夫ってなった時に、(修氏が)入ってこられて『ようし、鍛えてやるからな』って言ってた」。

――現在の理子さんの様子は?
「真夜中まで意識失っていた。ちょっと出血が多くて、気が遠くなってて、(出産報告の)ブログのアップが遅れたんです。真夜中過ぎに、だいぶ普通に戻って『復活した』って言ってました」。

――理子さんになんて声をかけた?
「頑張ったねって。ありがとうって。いろんな会見に出てきましたけど、こんなにおめでとうと言ってもらったことはない。出産という尊敬できる偉大な経験させてもらった」。

――我が子を見て、誓ったことは?
「彼の旅や使命の手助けができたら」。

――90歳くらいまでは生きないと。
「いやいや、80くらいですよ。でも、子供が20歳になるときは78歳…。そうですね、1日でも長く見届けたい」。

――名前は?
「お腹にいる時、ずっと理太と呼んでたので、それで行くか…とか。それにちなんだ名前にしようかとか、ちょっと字を変えたりとか、東尾修パパの名前を入れたりとか、いろいろ。3つ4つあるので、相談したいです」。

――ブログで血液検査について書かれてましたが
「元気に生まれてきました。それが何よりです。まぁ、これから何があるかわからないですし、不安材料を考えてもキリがないので、前向きに」。

(理子婦人と愛息の2ショット写真を公開)
「僕が撮りました。ちょうど真夜中過ぎたくらいに撮りました。ビデオも回してました。背中と頭を支えながら、左手でビデオも撮ってました」。

――靴下は履かせない?
「赤ちゃんって、手と足で温度を感知するらしいので、しばらくは素足でいてほしいですね(笑)」。

――いしだ壱成さんは何か言ってた?
「ちょうどさっき、駆けつけてくれたんです。感動してくれた。すごく喜んでくれました」。

――きょうの夜、仕事で大阪に行く予定だったから、親孝行なお子さんですね。
「本当ですね。気を遣ってくれる子ですね」。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事