前田敦子、紅白は「TVの前で応援」 由紀さおりは20年ぶり単独出場に喜び

『VOGUE JAPAN Women of the Year 2012』を受賞した前田敦子 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

『VOGUE JAPAN Women of the Year 2012』を受賞した前田敦子 (C)ORICON DD inc.
 元AKB48で女優の前田敦子が『VOGUE JAPAN Women of the Year 2012』を受賞し26日、都内で行われた授賞式に出席した。同時間帯にAKB48とSKE48の『NHK紅白歌合戦』出場が発表され、前田は大みそかは「たぶん家族と過ごすと思う。どこにいても『紅白』は観られる。今年はテレビの前で応援します」とエール。来年の抱負については「いい意味で、ちゃんと切り替えられる年になったらいいなと思います。お仕事がたくさんしたいです」と語った。

 1992年に紅組トリを務めて以来の単独出場となる由紀さおりは「せっかくこういう機会をお作りいただいたので、万感の思いを込めて歌わせていただきたいと思います」とニッコリ。「20年ぶり? いやだ〜、20歳にたどり着いてない方とも共演するんでしょう?」と笑い飛ばし、「十分楽しみながら、そのときの自分の体調をどう整えるか。大変だけど、そこをクリアできたら」と期待に胸を膨らませた。

 真っ白のドレスに身を包んだ前田は「初めてのロングで、ポイントはシルエット。大人の女性を意識して用意していただいて、背中もだいぶセクシーな感じで…」と一回り。「女性ならではの賞で、前田敦子として賞をいただけるのが嬉しい。ますますこれから自分磨きを頑張ろうって思いました」と受賞を喜んだ。

 前田は今年一年を振り返り「前半はAKB48として濃い時間を過ごさせてもらったし、辞めてからも新しい時間の過ごし方をしています」といい、「自分にとってだいぶ大切な年。切り替えってそんなに簡単にできるものではないんだなって思いました。来年が切り替えたよって言える年になれば」と明かした。

 世界的なファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』の日本版『VOGUE JAPAN』が、“圧倒的な活躍をみせた女性”を選出する同賞。第8回目となる今年の受賞者は秋吉敏子、伊調馨、尾野真千子、きゃりーぱみゅぱみゅ、清川あさみ、剛力彩芽、前田敦子、ヤマザキマリ、由紀さおり、吉田沙保里の10人が選ばれた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube