剛力彩芽『ベストドレッサー賞』にも選出「自信につながる」

『第41回ベストドレッサー賞』授賞式に出席した剛力彩芽 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

『第41回ベストドレッサー賞』授賞式に出席した剛力彩芽 (C)ORICON DD inc.
 女優の剛力彩芽(20)が、ファッション性や話題性に富んだ人に贈られる『第41回ベストドレッサー賞』(日本メンズファッション協会主催)の「芸能部門」を受賞し28日、都内で行われた授賞式に出席。剛力は「オシャレをどんどん追求したい。洋服は大好きで、着たいものを着てる。メンズの服も、かわいいなら着たいと思う」とにっこり。「彼氏ができたら、彼氏の服を着てみる?」には「彼氏ができれば…ですけど。今は父の洋服も着てます」と語った。

 「昔から憧れていた」という同賞に選ばれた剛力は「夢のよう。私の自信につながる」とトロフィーを手に満面の笑み。今年はドラマや映画、CMと幅広く活躍し、『メガネベストドレッサー賞』『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー』『ベストレザーニスト賞』など数々の賞も獲得。今年1年を振り返り「毎日幸せ。充実して楽しかった。たくさん賞も獲れたし、改めてその賞に恥じないように成長したい」と意気込んだ。

 剛力と同じく芸能部門で選出された俳優・藤木直人は「受賞者の方が、今年を代表する方々で肩身が狭い思い。でも、不思議な縁。うれしく思う」と晴れやかな表情。今年は40歳の大台に乗り「いただく役も変わっていくと思う。父親役だったり、幅広くできたら」とさらなる飛躍を誓っていた。

 そのほか、政治・経済部門にネスレ日本の高岡浩三社長、学術・文化部門に市川猿之助、スポーツ部門になでしこジャパンの佐々木則夫監督、インターナショナル部門にきゃりーぱみゅぱみゅ、MFU(=同協会)推薦枠に川端友紀(女子プロ野球選手)、特別賞に昇地三郎氏がそれぞれ『第41回ベストドレッサー賞』を受賞した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube