長谷川理恵、“産後ラン”で8キロ減し美脚披露

エッセイ『女性としての私』刊行記念イベントを都内で行った長谷川理恵 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

エッセイ『女性としての私』刊行記念イベントを都内で行った長谷川理恵 (C)ORICON DD inc.
 モデルの長谷川理恵が15日、自身の生い立ちから第一子出産までをつづったエッセイ『女性としての私』刊行記念イベントを都内で行った。昨年10月に第一子男児を出産後、初の公の場となった長谷川は、大胆なショートパンツ姿で美脚を披露。「(妊娠して)体重は8キロくらい増えたんですけれど、戻りました。出産前とほぼ一緒」と減量を報告し「母乳と、お正月からランニングを始めまして。食事はしっかり食べますし、マッサージをお風呂上がりにしています」と抜群のプロポーションの秘訣を語った。

 同書の中では、撮り下ろしの母子写真を公開しており「生まれたての時に撮ったので、今は顔がだいぶ変わってきたけれど。いい記念になりました」と笑顔。出産や育児に関しても「主人が『どうしても(出産は)未知の世界なので、吐き出して。八つ当たりでも何でもしていいよ』と言ってくれたので、大きな心で嬉しく楽しく子育てを奮闘中です」と幸せそうに語った。

 昨年2月に出版した自叙伝が“暴露本”などと評され話題になった長谷川は、その件で夫の楠本修二郎氏に諭されたことを明かし「やっぱり、主人は歳上なので周りの人が言わないいろいろなことも叱ってくれますね」としみじみ。「今回は暴露本じゃないですよ」と強調し「今の私の気持ちが詰まった本。結婚してよかったし、子どもにも恵まれてよかったという幸せな内容です。同世代の女性、もっと幅広い層にも楽しんでもらえれば」とアピールしていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事