速水もこみちがオリーブオイルを初プロデュース

自身の担当料理企画から生まれた『MOCO’Sキッチン エキストラヴァージンオリーブオイル』を発売する速水もこみち

[拡大写真]

自身の担当料理企画から生まれた『MOCO’Sキッチン エキストラヴァージンオリーブオイル』を発売する速水もこみち
 俳優の速水もこみち(28)が、満を持してオリーブオイルを初プロデュースしたことが21日、わかった。自身がレギュラーを務める日本テレビ系『ZIP!』(毎週月〜金 前5:50)の人気コーナー「MOCO’Sキッチン」発のオリジナルのオリーブ油完成に携わり、速水は「僕が好きでよく料理に使うオイルをオリジナルで作るなんて夢にも思わなかった」と喜んでいる。

 下準備に、調理に、完成した最後の最後に使い「追いオリーブ」なる造語を流行らせた速水が、オリジナルのオリーブオイルを自ら手がけた。

 きっかけは昨年12月。番組ロケで世界一のオリーブの産地・スペインを旅した際、アンダルシア地方で6代にわたりオリーブ農園を営むルケ家の人々と出会った速水は、そこで20年以上前から取り組んでいる有機栽培オリーブに魅了された。

 速水は、ルケ農園のオリーブオイル鑑定士と共に、自らブレンド作業に挑戦。味覚の一番敏感な早朝から、実に3時間にもおよぶ作業を行い、数種類の品種をテイスティング。微妙な味や香りの違いを感じながら、究極の味を探り当てた。

 選び抜かれたオリーブは、やさしい風味のアルベキーナ種とスパイシーなピクアル種で、「7:3」の割合で調合。速水いわく「フルーティーでやさしい甘みのある味わい、だけどどこかピリッと刺激的。まるで女性が思い描く恋愛のような」仕上がりといい「使えば使うほど好きになる」1本が誕生した。

 速水のオリジナルオイルへの思いは、パッケージデザインにも表現され、外箱やラベルに直筆のオリーブのイラストを添えるこだわりよう。「いろんな料理で使って、笑顔になっていただけたら幸いです」とアピールしている。

 速水が手がけた『MOCO’Sキッチン エキストラヴァージンオリーブオイル』(450g/5250円)は2月24日(日)より日本テレビ番組サイトやインターネットで限定販売。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube